SKE48・松井珠理奈が連ドラ初主演で本格ホラーサスペンスに挑戦! 新ドラマ「死幣」

最新ニュース

「死幣」(C)TBS
  • 「死幣」(C)TBS
  • 「死幣」(C)TBS
  • 「死幣」(C)TBS
TBSでは、7月期の「テッペン!水ドラ!!」枠にて、「死幣」を放送することが決定。キャストには連続ドラマ初主演となる「SKE48」松井珠理奈をはじめ、戸次重幸、筧利夫らの出演も明らかとなった。

経済学部に通う大学1年生・南由夏(松井珠理奈)は、怖い話好きな妹から“死幣”の怪談を聞く。死幣はお金が欲しくてたまらない人に突然届く呪いのお金だという。そしてその死幣を使ってしまうと1万円札の福沢諭吉の肖像に黒い染みが浮かび上がり、使ってしまった人は残酷な死を遂げるという内容だった。ある日、経済学部教授・財津(筧 利夫)のゼミに所属する由夏は、しばらく連絡の取れない友人・橘郁美(西田麻衣)を心配し、同じゼミの先輩・三浦智志(山田裕貴)や、ゼミの仲間に聞いてみるが皆心当たりはないという。就職活動真っ最中の三浦は、お金は人を幸せにするものだと信じ貧困層を助ける仕事を志しており、その話を聞いた由夏は三浦の姿に憧れを抱く。

その夜、由夏は連絡が取れていなかった郁美が街頭インタビューを受けているのをテレビで見る。女性は外見が大事だから整形したい、と答える郁美。由夏はその瞬間耳鳴りのような音とともに郁美の顔が一瞬ねじれたように感じた。この現象が起こるときはこの後何か不吉なことが起こることを由夏は知っていた。由夏には第六感のような不思議な能力があったのだ。急ぎ郁美のアパートに向かう由夏。するとなぜか郁美の部屋の鍵が開いている。由夏が薄暗い部屋に入ると足元には焦げた1万円札が。さらに奥へ進むと、美容器具が散乱する部屋の中、ネックレスで首を吊った無残な姿の郁美が…。通夜の日、由夏や三浦ら財津ゼミの面々が弔問客として並ぶ中、ひとりの男が焼香に立つ。彼の名は若本猛(戸次重幸)。刑事だという若本は親族や弔問客に向け突然事情聴取を始めると言い放った。そして、遺体の第一発見者である由夏に犯行の疑いをかけ――。

ドラマは「呪われた1万円札=死幣」を手にした人間が、次々と不可解な死を遂げるという本格ホラーサスペンス。主人公の由夏には、現在放送中の「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」にも出演する松井さんが抜擢。今回松井さんが演じる由夏は、他人の死が見える第六感を持った女子大生で、死幣を使う友人の死を“目撃”したことをきっかけに、周りで起こる不可解な事件に巻き込まれていくという役どころだ。

今回初の連続ドラマ主演、そして松井さんが初の大学生役を果たすこととなった松井さんは「このドラマのセンターだと思って頑張ります! 大先輩の前田敦子さんのドラマ『毒島ゆりこのせきらら日記』の枠を引き継ぐということで、嬉しい反面プレッシャーも感じています。前田さんに負けないように頑張りたいと思います!」と意気込みを述べ、また前田敦子からもアドバイスをもらったと明かした。

そして、連続怪死事件に疑問を持ち、由夏と共に死幣の謎を追う正義感溢れる刑事・若本猛役には、役者としてだけでなく幅広い方面でマルチな才能を発揮している戸次さん。物語で重要な鍵を握る教授・財津太一郎役には2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演が決まっている筧さんが決定。ホラーは大の苦手だと語る戸次さんは、「中学生の頃から怖い映画は見ていません。お化けを見たことはありますが、お風呂で振り向いて誰もいないのを確認する作業をしたくないのでそういうのは信じていません(笑)なので、霊感もないと信じています」と真っ向から否定。しかし「この夏一番怖いドラマという言葉に恥じない作品だと思っていますので、皆さんドキドキしながらご覧ください」とアピールをしていた。

そのほかにも、由夏の同級生役・灰谷源役に葉山奨之、由夏のゼミの先輩・上野真理役に、中村ゆりか、由夏のゼミの友人・橘郁美役に西田麻衣、由夏のゼミの先輩で槍投げ選手・川辺雄大役に白洲迅、由夏が憧れる先輩・三浦智志役に山田裕貴、由夏の親友・萩森一恵役に吉岡里帆といったいま注目されているネクストジェネレーションの若手俳優たちが揃っている。

本作は、お金に翻弄され、お金に苦しめられる人たちを通して現代社会の本当の“恐怖”を皮肉たっぷりに炙り出す本格ホラーサスペンスドラマ。暑い夏を一瞬にして冷やす本作に期待していて。

「死幣」は7月13日(水)24時10分~TBSで放送開始。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top