ジョン・ラセター「ギョギョ!」『ファインディング・ドリー』ワールドプレミアでさかなクン旋風!?

最新ニュース

『ファインディング・ドリー』ワールドプレミア
  • 『ファインディング・ドリー』ワールドプレミア
  • 『ファインディング・ドリー』ワールドプレミア
  • エレン・デジェネレス/『ファインディング・ドリー』ワールドプレミア
  • 『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • タコのハンク/『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『ファインディング・ドリー』のワールドプレミアが6月8日(現地時間)、ロサンゼルスのハリウッド、エル・キャピタン・シアターにて行われ、ジョン・ラセターをはじめとしたスタッフ・キャストが登壇した。

日本でのディズニー/ピクサー歴代興収No.1を記録した『ファインディング・ニモ』の冒険から1年後の世界を描く本作。忘れんぼうのドリーが家族の思い出を探すため、ニモ、マーリン、新キャラクターのタコのハンクとともに危険がいっぱいの人間の世界に飛びだし、ドリーの家族の秘密を巡る大冒険を巻き起こす感動のアドベンチャー・ファンタジーだ。

6月17日(現地時間)の全米公開を目前に行われたワールドプレミアでは、海を思わせるブルーカーペットや、ドリーやニモたちの住む海をイメージした水槽が飾られるなどの演出が施された会場に、制作総指揮を務めたラセターをはじめ、監督のアンドリュー・スタントンと共同監督のアンガス・マクレーン、前作からドリーの声優を続投するエレン・デジェネレスらが登場した。

ラセターは「日本の皆さんが『ファインディング・ニモ』をどれだけ愛してくれているか知っているし、『ファインディング・ドリー』も同じくらい好きになってもらえると思う」と日本のファンに向けてコメント。さらに、本作の日本語監修を務めたさかなクンの話題に触れ、コメントのラストをさかなクンの決め台詞である「ギョギョ!」で締めくくっていた。

続いてアンドリュー監督も「さかなクン覚えているよ! 日本の皆さんも映画を楽しんでね! ギョギョ!」と便乗。プロデューサーのリンジー・コリンズも「私たちが経験してきたワクワクを皆さんにお届けできて嬉しいわ。ギョギョ!」と続き、共同監督のアンガス・マクレーンも「世界中の人々にこの映画を届けられて素晴らしいよ。ギョギョ!」、さらにエレンも「ドリーを演じるのが大好き! ギョギョ!」とコメントし、会場を沸かせていた。

また、ドリーと行動をともにする新たな仲間の謎のタコ・ハンクについてラセターは、「タコは水族館などの場所で脱走アーティストで、どこからでも抜け出せると聞いたんだ。そこから、すごく賢いキャラクターにした。また、タコがカモフラージュする姿は、すごく面白くなると思った。抜け出して、迷って、人々から隠れて…とても面白いと思うよ」とその魅力を語った。

監督のアンドリューもハンクについて「すばらしく気難しいキャラクターで、ひとりぼっちで孤独でいたいタコのキャラクターを作ろうと思った。ドリーとコンビにするには、完璧なキャラクターだ。『ファインディング・ニモ』で、マーリンでうまくいったしね。それに、水から外に出られるし、どこでも這って行けるし、小さなスペースにも入れる。移動する手段としても完璧だった」とキャラクターの魅力を熱弁していた。

『ファインディング・ドリー』は、7月16日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top