蜷川実花、「24時間テレビ」Tシャツ手がける…「愛というテーマに運命性感じた」

最新ニュース

チャリTシャツ(C)mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • チャリTシャツ(C)mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • チャリTシャツ(C)mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • 蜷川実花
今年も8月27日(土)、28日(日)に放送される「24時間テレビ」。すでに発表されている番組の“顔”であるメインパーソナリティーに「NEWS」を迎えて行われるこの放送。この度、もうひとつの“顔”となる「チャリTシャツ」が、写真家で映画監督の蜷川実花が手がけたことが分かった。

今回放送される「24時間テレビ39」は「愛~これが私の生きる道~」をテーマに、4人になった「NEWS」が初めてメインパーソナリティーを務め、チャリティーパーソナリティーの波瑠とともに“愛”に支えられ強く前向きな“生きる道”を選んだ人々にスポットを当て、「生きるヒント」と「愛」と「幸せ」をもう一度考え直すきっかけを伝える。

今年のチャリTシャツを手がけた蜷川さんは、写真家としての活躍はもちろんのこと、初監督作『さくらん』(2007)や、同じく監督を務めた『ヘルタースケルター』(2012)は22億円の興行収入を記録するなど、映像作品も多く手がけ評価されている。また、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事にも就任している日本を代表するアーティストとして世界でその名を知られている。

今回のチャリTシャツは、蜷川さんの代表的なモチーフともいえる鮮やかで美しい花のプリントは施されている。チャリTシャツとしては初めて写真をプリントしたものになったそう。真っ青な空、色鮮やかな花々、愛らしい蝶は、未来に開かれたような美しい世界を表現。その写真の枠には今年のテーマである愛=LOVEの文字が。それぞれのアルファベットの向きや大きさは違い、一見「LOVE」の文字には見えず隠れているが、これは「愛」には色々な形があることを暗に表しているという。このチャリTシャツには蜷川さんに加え、デザイナーの半田淳也も参加している。

今回パーソナリティーを務める「NEWS」と蜷川さんは「NEWS」17枚目のシングル「KAGUYA」を蜷川さんがCDジャケットとミュージックビデオを監督として手がけている縁もある。手越祐也は今回の「チャリTシャツ」に「可愛い! 実花さんっぽい! 写真から生命力やパワーを感じました。気合が入りました」、小山慶一郎は「チャリTシャツを着て、実花さんのパワーを感じながらやっていけるのは心強いです。このチャリTシャツを着て、24時間テレビを盛り上げていきます!」とメンバーも気に入った様子で、さらに気合いが入ったようだ。

蜷川さんは今回のチャリTシャツについて「着ていてウキウキする、明るい気持ちになるものにしたく、男女問わず皆が着ることのできるよう、誰もが好きな、希望のつまった“青い空”が象徴的な写真を選びました」と、プリントされた写真について解説。さらに、「チャリTシャツを作っていた次期は生命のはじまりと、生命が終わっていく、グラデーションで重なっていた時期でした。『愛』を、恋愛や家族愛というものより、大きな生命体として受け止めていたころで、今年の24時間テレビのテーマが『愛』だったので運命的なものを感じました」と、蜷川さん自身にも「生命」ついて考える出来事が重なったことで、番組への思いがより深くなったようだ。「『愛』は、深すぎる、本当に小さなことでも『愛』を感じようと思うと、そこかしこに『愛』は転がっている。『愛』は、元からすぐ傍にあるもの、沢山の『愛』に気づいて感じてほしいという思いを込めました」。

なお、今回のチャリTシャツは6月11日(土)より全国のイオングループ店のほか、日テレ屋(汐留店・東京駅店)、24時間テレビチャリティーグッズ通販サイトにて取り扱い開始。

24時間テレビ39「愛~これが私の生きる道~」は、8月27日(土)、28日(日)日本テレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top