戸次重幸、早くも“セント酒ロス”に「役者人生でこんなに裸になるのは初めてだった」

最新ニュース

「昼のセント酒」(C)テレビ東京
  • 「昼のセント酒」(C)テレビ東京
  • 「昼のセント酒」(C)テレビ東京
演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーである戸次重幸を主演に迎えて贈るドラマ「昼のセント酒」(テレビ東京)。「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之の痛快エッセイを原案に、「孤独のグルメ」の制作チームが手掛ける本作が先日クランクアップを迎え、戸次さんからコメントが到着した。

内海孝之(戸次重幸)は42歳。勤務先の課長からは、いつも叱責されている。そんな内海の唯一の楽しみは、仕事をさぼって平日の昼から銭湯に入り、その後、渇いたのどにビールを流し込むこと。勤務時間中という後ろめたい気持ちもありながら、銭湯を見つけると、その誘惑には抗えない。今日も会社に「急用が入ったので…」と言い訳の電話をすると、意気揚々と銭湯の門をくぐる。入浴料460円を払い、スーツを脱ぎ、浴場に入ると内海にとって最高の瞬間が待っている…。

東京都内を中心とした実在する銭湯と、肴の美味い飲み屋が登場することでも人気を博している本作。本日11日(土)放送の第10話でも戸次さん演じる内海は誘惑に勝てず、世田谷区用賀の隠れ家的銭湯「藤の湯」からの穴子白焼きを堪能することに。ゲストには泉谷しげる、石倉三郎が出演し、物語を盛り上げる。

第11話、第12話の撮影を終えた戸次さんは「最近は“○○ロス”なんて言葉が流行っていますけども、12話撮り終えて私は既に“セント酒ロス”でございます。こんなにも『昼のセント酒』を中心にこの3か月生活していたんだな、と実感しています。達成感はあるんですけど、同時に『明日から銭湯に入らないんだ』ということに対して非常に寂しい気持ちでいっぱいです」と胸の内を明かす。

さらに戸次さんは俳優として“挑戦作”だったようで、「僕の役者人生でこんなに裸になるのは初めてでしたし、おそらく数いる俳優さんのなかでもこんなにお尻を出した俳優は僕しかいないんじゃないか、と思います。そういった意味でもいろんなチャレンジが出来てありがたかったです。12個の銭湯があれば12個の違いがありますので、視聴者の皆さんも放送した銭湯の中で、3つぐらいは銭湯に行ってみて頂きたいと思っています。まだまだ銭湯に入りたいです。僕の中ではたった12個の銭湯を紹介しただけ。これからもどんどん『昼のセント酒』していきたいと思っています」と語った。

6月25日(土)に最終話を迎える本作。第11話では「高円寺 小杉湯からの焼肉」、第12話では「浅草 蛇骨湯からの天ぷら盛り合わせ」が放送される。

土曜ドラマ24「昼のセント酒」は、毎週土曜日深夜0時20分~放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top