デイジー・リドリー、化粧が嫌い!

最新ニュース

デイジー・リドリー-(C)Getty Images
  • デイジー・リドリー-(C)Getty Images
  • デイジー・リドリー-(C)Getty Images
  • デイジー・リドリー】(C)Getty Images
  • デイジー・リドリー
女優のデイジー・リドリー(24)は化粧が嫌いだという。

昨年『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でヒロインのレイ役を演じたレイは、化粧をしているのが好きでないと認めるものの、現在抱えている子宮内膜症と多嚢胞性卵巣症候群により肌が「最低な」コンディションであることから、外出するときはばっちりメイクアップをしていないと家から出ることができないとも感じるそうだ。

9年もの間患っているその症状についてデイジーはインスタグラムでオープンに語った。「15歳のとき、子宮内膜症って診断されたの。腹腔鏡検査を一回、たくさんの診察を受けて、8年経って(今回はまだ弱いけど)痛みがまたやってきて、私の肌は最悪。全てを試したわ。商品、抗生物質、もっと他の商品、さらに抗生物質ってね。そういう全てによって私の体にちょっとした混乱がもたらされたわ。そして最終的には、私は多嚢胞性卵巣症候群であり、だからこそ悪い状態なんだってことがわかったの。人の目を気にすることが私の自信をボロボロにしたと言えるわ。私は化粧するのが嫌いだけど、いまは化粧なしでは家を出たくないわ。でも、前には進んでいる! 皮膚科専門医からの助けと(ああ、衝動的に食べるアイスクリームを除いて)乳製品をとらないこと、糖分の摂取を減らすことでね(あああ、やらなきゃならないことはやらなきゃね)。遂に、遂によ」。

また、デイジーは、自分の体は一つしかなく健康は最高の状態を保たれるべきであることから、何かに悩まされているのであれば、すぐに医者や専門医の診断や検査を受けようと呼びかけた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top