『ブリジット・ジョーンズ』第3弾10月公開へ! お馴染みキャストが再集結

映画

「幸せになりたい!」と奮闘する等身大の姿が、世界中の女性たちの心を掴んで一大ブームとなった『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ。その第2作目『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』から11年、待望のシリーズ3作目『Bridget Jones's Baby』(原題)の邦題が『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』に決定! 10月より日本公開されることになった。

アラフォーになったブリジットは、なぜか未だ独身。かつて彼女が愛した男はといえば、なんとダニエル(ヒュー・グラント)は事故で亡くなり、マーク(コリン・ファース)は別の女性と結婚してしまっていた。しかし、いまやテレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットに、ハンサムでリッチ、性格もナイスなIT企業の社長ジャック(パトリック・デンプシー)とのドラマチックな出会い(モテ期!)が訪れる。いつもの天然っぷりから彼と急接近する一方で、マークとも運命の再会を果たすブリジット。またしても2人のイケメン男性で揺れ動くブリジットは、どちらを選ぶのか? 今度こそ結婚、するのか…!?

大酒飲み、タバコは止められず、体重はいつもオーバー気味。補正のデカパンツは欠かさず、ドジっぷりもハンパなく、自分に甘く、他人に厳しく立ち直りがやたらと早い…。そんな恋に、キャリアに奮闘する崖っぷちアラサ―大人女子を描いた『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズの待望の第3弾。

ブリジット・ジョーンズを演じるのはもちろん、『コールド マウンテン』でアカデミー賞を受賞し、最近ではキアヌ・リーヴス主演の『砂上の法廷』などに出演していたレニー・ゼルウィガー。また、生真面目で堅物な“運命の人”(?)ダーシー役ももちろん、『英国王のスピーチ』のアカデミー賞俳優コリン・ファース。

そして、今回新たに、これまでにない高スペックのナイスガイ、ダーシーの恋のライバル・ジャック役には、人気海外ドラマ「グレイズ・アナトミー」の“色男先生”で女性ファンを増やしたパトリック・デンプシーが登場! さらには『二ツ星の料理人』のエマ・トンプソンが脚本にも参加し、出演。ブリジットのパパとママ、ジム・ブロードベントとジェマ・ジョーンズら、シリーズお馴染みの顔ぶれも登場する。

日本公開決定の一報と合わせて解禁となった場面写真では、タブレット端末を抱えて微笑むレニ―演じるブリッジの姿が。どうやら11年の時を経て、これまでトレードマークになっていた“日記帳”は紙からタブレットへと進化した模様!

では、すべての女性たちを笑いと共感の渦に巻き込んだ、あのとびきりチャーミングな等身大ヒロイン、ブリジット自身も “進化”を見せてくれるのか、今後の続報に期待していて。

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』は10月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top