吉田羊&木村佳乃、本気バトルからはじまった撮影 『嫌な女』

最新ニュース

『嫌な女』
  • 『嫌な女』
  • 『嫌な女』
桂望実のベストセラー小説を原作に、女優・黒木瞳が初めて映画監督に挑戦した映画『嫌な女』。この度、全国公開を前に6月15日(水)、完成披露プレミア試写会が行われ、黒木監督と主演の吉田羊と木村佳乃が登壇し会場を沸かせた。

石田徹子(吉田羊)は弁護士。仕事も結婚生活もうまくいかず、心に空白と孤独を抱えた日々を過ごしていた。そんなある日、婚約破棄で慰謝料を請求されたという女性が徹子の元に訪れる。女性の名は小谷夏子(木村佳乃)。徹子の同い年の従妹だった。夏子は男をその気にさせる天才。彼女との未来を夢見た男は、いつの間にか自らお金を出してしまうのだ。この日以来、徹子は生来の詐欺師の夏子に振り回され…。

この日行われた舞台挨拶に、ゴージャスにドレスアップした黒木監督と映画初主演となる吉田さんと木村さんが登壇が登場すると、会場からは大きな拍手と共に、感嘆の声が沸き起こった。初監督に挑戦した黒木さんは「今日は奇跡の日です! いろいろなことに『丸』がひとつずつ積み上げられて、今日を迎えることができました」とまず感謝の気持ちを述べた。

そして質疑応答にて、撮影中に一番しんどかったことは? という黒木監督からの問いに吉田さんは「台本を読んで一番これが山場になるだろうなと思ったシーンが撮影初日のファーストシーンだったこと」と回答。対して黒木監督は「すみません(笑) 女優は体力あるうちに大事なシーンを撮っておいたほうがよいと思いまして…」と話すも「でもあのシーンを乗り越えたからこそ1か月を乗り切れたような気がします。瞳さんの計画勝ちだなと思いました」と吉田さんが続けた。

また、劇中では吉田さんと木村さんのバトルシーンがあるそうで、吉田さんは「佳乃ちゃんが私を叩くシーンがあるんですけど、本当に叩くのがうまいんですよ! 叩き慣れてるなって(笑)」と感心したと話していたが、続けて木村さんは「本気で当ててと言われたので叩かせていただいたんです。でも、叩いた後のふり向いた羊ちゃんの顔が怖くて!(笑)」とふり返った。さらにそのバトルの中には、吉田さんが「あんたってほんと死神みたいな女ね」と言うシーンがあるそうで、「散々バトルして疲労困憊で息が上がりながらそのセリフを言ったら、 瞳さんが『森進一さんみたいだから抑えて!』と言われて(笑)」とダメ出しされたと明かす。何回も撮り直したシーンということもあって印象深い場面となっていたようだ。

さらに黒木監督は今後について「羊ちゃん佳乃ちゃんと女優同士でキャッチボールしたらどんな感じになるんだろうと、すごく刺激的になるんだろうなと思います。 芝居を見せていただいたので、興味深々です」と女優同士での再タッグも希望していた。今回は撮影以来、久しぶりの再会となった3人。軽快なトークが繰り広げられ、 笑いの絶えない和やかな舞台挨拶となっていた。

吉田さん演じる徹子と木村さん演じる夏子。境遇も立場も違う対照的な2人の女性の人生のケミストリーを鮮やかに描き出し、女性の強さと友情をコミカルかつ情感豊かに謳いあげている本作。この2人のほかにも、中村蒼、佐々木希、田中麗奈、ラサール石井、袴田吉彦、寺田農ら豪華キャストたちが登場し脇を固めている。

『嫌な女』は6月25日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top