【予告編】バレエダンサーとバイオリニストの出会い… 『ハートビート』2人の未来はいかに

映画

『ハートビート』(C)2015 High Strung, LLC
  • 『ハートビート』(C)2015 High Strung, LLC
  • 『ハートビート』(C)2015 High Strung, LLC
ジャンルを超えた音楽とダンスが融合したエンターテインメント・ムービー『ハートビート』。日本公開を8月に控えた本作から、この度予告編が到着した。

夢を叶える街、ニューヨーク。プロのバレエダンサーになるために上京してきたルビーは、ある日、生活のために地下鉄で演奏するイギリス人バイオリニストのジョニーと出会う。2人は徐々に惹かれ合っていくが、自分が思い描くようなダンスが出来ないルビーは、ルームメイトのジャジーと共に、奨学金の資格はく奪のピンチに直面する。一方、ジョニーは大切なバイオリンを盗まれた上、グリーンカード詐欺に遭い、不法滞在で強制送還の危機に陥ってしまう。崖っぷちの2人は、ヒップホップダンスチーム“スイッチ・ステップス”を誘い、お互いの夢を叶えるべく、“弦楽器&ダンスコンクール”に出場することになるが…。

主人公のルビーには、アメリカ人で初めてロシアの名門マリインスキー・バレエに入団し、本作で女優デビューを果たしたキーナン・カンパ。 そして、相手役のジョニーには、ミュージシャンとしても活躍し、英国男子の新星として注目を集めているニコラス・ガリツィンが好演する。 また、親友役のジャジーには、英国ロイヤル・バレエ学校出身で、『エクス・マキナ』にも出演しているソノヤ・ミズノ。そのほかロンドン、パリ、ロサンゼルス、ニューヨークから集められた、世界最高峰のダンサー62人が参加し、パフォーマンスを披露している。

このほど解禁されたのは、ジャンルを超えた音楽と圧巻のダンス、そして夢を叶えるために困難に立ち向かう2人が描かれた予告編。バイオリンの音色と共に始まる映像は、自分に自身が持てないダンサー・ルビーと、生活のために地下鉄の駅でバイオリンを演奏する英国人ミュージシャン・ジョニーとの出会いが映し出される。

そして激しい競争社会のニューヨーク市で、2人の生活はそれぞれ困難に直面する。スイッチ・ステップスというダンスチームの力を借りながら、ルビーとジョニーは、ルビーが奨学金の資格をはく奪されるのを免れ、ジョニーが不法滞在で強制送還されるのを防ぐための道を見つけなければならない。 2人はこの状況を切り抜けるため、ルビーはヒップホップにコンテンポラリーダンスとクラシックバレエを融合させた前衛的なダンスで、コンクールに出場することを持ちかけるのだった。

また、俳優としても活躍するマイケル・ダミアンがメガホンを取った本作。「ダンスは世界中でとても流行っている。ダンスはあらゆる国境や境界を超える国際言語さ」と話すマイケルは、「この映画を見て、若い人たちが一生懸命働こう、最善を尽くそう、自分を信じようと思ってくれたら嬉しい。 ダンサーやミュージシャンにならなくても、何になっても、芸術を通じて学んだことはその人の中に生き続けるからね」と続けてコメントした。


『ハートビート』は8月20日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top