ザック・エフロン、ヒュー・ジャックマン主演作に出演へ!

最新ニュース

ザック・エフロン-(C) Getty Images
  • ザック・エフロン-(C) Getty Images
  • ザック・エフロン
  • ザック・エフロン-(C)Getty Images
  • ザック・エフロン-(C) Getty Images
ザック・エフロンが新作『The Greatest Show On Earth』(原題)に向けて出演交渉中のようだ。

実在の興行師P・T・バーナムをヒュー・ジャックマンが演じる同作の出演者としてフォックスがザックに白羽の矢を立てたと「Variety」誌が報じている。ミュージカル仕立ての同作は2009年から製作が進められており、「セックス・アンド・ザ・シティ」のジェニー・ビックスが脚本を執筆する中、チャーリン・エンターテイメントのローレンス・マークが主演のヒューと共にプロデューサーを務めている。

リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスの創設者の1人であるバーナムを描く本作は2017年12月(現地時間)の公開を予定している。

もしザックの出演が決定すれば、スターダムにのし上がるきっかけとなったディズニーの「ハイスクール・ミュージカル」以来のミュージック作品となる。

そんなザックは現在撮影中の『Baywatch』(原題)の共演者であるケリー・ローバッハから役作りにおける圧倒的な努力を称えられていたところだ。ケリーは「E!NEWS」に「彼はこの映画のために信じられないような体型を作り上げたのよ。すごいんだから! 彼はすごくしっかりと役作りに没頭していたの。もちろん私たちはみんなパーソナルトレーナーとかの助けがあったんだけど、それでもだいたいは『えーと、来週にエクササイズするわ』って感じだったのに、ザックはしっかりこなしていたのよ」と語っていた。

わずか12週間の間で体脂肪率を5%にまで落としたというザックは、炭水化物を控えた食生活と1日2回のこともある週5,6日間のトレーニングに取り組んでいたそうだ。その体型についてザックは「たぶん人生で最高に力強さを感じる体だと思うよ」「何回ベンチプレスやスクワットが出来るかとかではなく、この部屋をいかに素早く飛び出して、立ちはだかるものすべてを破壊できるかっていうレベルのね」と話していた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top