二子玉エリアでのアートフェス「TOKYO ART FLOW 00」3日間開催

最新ニュース

「TOKYO ART FLOW 00」7月29日(金)~7月31日(日)の3日間開催
  • 「TOKYO ART FLOW 00」7月29日(金)~7月31日(日)の3日間開催
  • TAFパブリックアートコレクション Beautiful  Bridge  #2
  • AF  アートキャンプ Air  stone
  • 夜景プロジェクト マゼンダナイト
  • TAF  アートキャンプ 二子玉川探景車
二子玉川駅周辺のエリアを舞台にしたアートフェスティバル「TOKYO ART FLOW 00」が、7月29日(金)~7月31日(日)の3日間開催される。

「TOKYO ART FLOW 00」は、東京急行電鉄株式会社、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、玉川高島屋S・C、楽天株式会社の4社が発起企業となり、二子玉川地域に関わる企業、地域、大学、行政などが参画する実行委員会(実行委員長 建畠晢 多摩美術大学学長)を発足し、アートプロデュースを株式会社ワコールアートセンターが行うアートフェステイバルだ。

本企画のタイトルの“flow”には、流れる、満たされる、あふれる、巡るなどの意味があり、二子玉川にある多摩川の河川敷を舞台に、アートを通じて人々が交流し、インターネットのようなテクノロジーや隣人との会話を通じて拡散され、二子玉川を東京の新たな文化拠点として位置付けていくことを狙いとして命名された。またテーマカラーのマゼンダは、新しいまちや都市開発エリアを“グリーンカルチャー”と表現することから着想を得て、そこに足りないものをアートが補うという考えを元に、“グリーン”の補色である“マゼンタ”を使用している。

メイン会場の多摩川河川敷では、スイスのラング&バウマンによる国道246号の橋脚を利用したパブリックインスタレーション「Beautiful Bridge #2」、「SUPPOSE DESIGN OFFICE」 の谷尻誠と吉田愛による透明な球体につつまれたリビングを表現した作品「Air Stone」、映画上映を行う「246シアター」など夜の多摩川河川敷を使ってグランピングを楽しむコンテンツを予定。

そのほか、会場では「坂本美雨+CANTUS」によるうたのインスタレーション「うたうまち」や、1000万円あったら何を買うをテーマにビジネスリーダーたちの欲しいアート作品を集めたアートフェア「10MILLIONS」、商業施設や街路をはじめとする夜の風景をマゼンダカラーで染めていく高橋匡太による「夜景プロジェクト ‐マゼンタナイト‐」など、3日間街全体を巻き込みながら様々なプログラムが展開される。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top