アレクサンダー・スカルスガルド、「ヘンリー王子は超ナイスガイ」と絶賛

最新ニュース

アレクサンダー・スカルスガルド&ヘンリー王子-(C)Getty Images
  • アレクサンダー・スカルスガルド&ヘンリー王子-(C)Getty Images
  • アレクサンダー・スカルスガルド(C)Getty Images
  • アレクサンダー・スカルスガルド-(C)Getty Images
  • アレクサンダー・スカルスガルド-(C)Getty Images
  • ヘンリー王子-(C) Getty Images
  • 英ヘンリー王子-(C)Getty Images
『ターザン:REBORN』に主演、来日したことで人気沸騰中のアレクサンダー・スカルスガルドが意外なところでヘンリー王子と友情を育んでいた。

数年前、ヘンリー王子と戦争などで負傷した兵士ら12人とチームを組み、国際的なチャリティー・イベント「Walking With the Wounded」に参加したアレックス。マイナス45度の中、何週間もかけておよそ330キロを進み南極点到達を目指す過酷な体験だったため、数年経ったいまも記憶に鮮明に残っているようだ。

先日ラジオ番組「Andey Cohen Live」で司会のアンディ・コーエンにこのときの経験を聞かれたアレックスは、「ヘンリー王子は本当にいい人だった」とふり返った。「ああいう状況だと、とにかくみんなが一つになってがんばらないと、やってられないんだ。誰が王子か、誰が海兵隊か、誰が俳優かなんてのは忘れてしまう」。過酷な状況下ではみんなが平等だったということだろう。「みんながヘンリー王子を普通の人として扱ってたし、彼もまさに普通だったよ」と王子が特別扱いを要求することもなく、チームに溶け込んでいた様子を絶賛した。

就寝時はテントで2人から4人が一緒になって寝たそうだが、アレックスはヘンリーと同じテントで寝たこともあると明かした。アンディは興味津々で、王子と寝るとき、王子と頭を同じ方向に向けて寝たのか、それとも逆さまになって寝たのかという突っ込んだ質問まで投げかけたが、アレックスは「その時々だった」と答えた。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top