中村蒼、関西弁を駆使しファッション業界へ! 「せいせいするほど、愛してる」

最新ニュース

「せいせいするほど、愛してる」(C)TBS
  • 「せいせいするほど、愛してる」(C)TBS
  • 「せいせいするほど、愛してる」(C)TBS
  • 「せいせいするほど、愛してる」(C)TBS
  • 「せいせいするほど、愛してる」(C)TBS
  • 「せいせいするほど、愛してる」(C)TBS
  • 「せいせいするほど、愛してる」(C)TBS
  • 「せいせいするほど、愛してる」(C)TBS
  • 「せいせいするほど、愛してる」(C)TBS
武井咲と滝沢秀明が禁断の恋愛を繰り広げる新ドラマ「せいせいするほど、愛してる」。続々とキャストが発表される中、滝沢さん演じる海里の最強の恋のライバルで、危険な恋のトライアングルを描く宮沢綾役に決定している中村蒼の役どころが、今回ついに明かされた。

仕事で出張に出ていた栗原未亜(武井咲)は、交際中の彼氏である山下陽太(高橋光臣)からプロポーズされた際に貰ったエンゲージリングを出先で無くしてしまう。焦る未亜だったが、その場に偶然居合わせた男性の協力もあり、無事に見つけ出すことに成功。ホッとしたものの、仕事が生きがいである未亜は内心、「仕事を辞め、実家に付いて来て欲しい」と言う陽太の一方的な提案を受け入れる気持ちになれず、その申し出を断ろうとしていた。

出張から戻った未亜は、研修の一環で広報部に来た、自社の副社長の三好海里(滝沢秀明)の顔を見て驚く。なんとその副社長とは、出張先でエンゲージリングを共に探してくれた男性だったからだ。しかも彼の教育係として、未亜は行動を共にすることになる。数々の困難に襲われながらも奮闘する未亜の仕事ぶりに対し、「せいせいするほどやってみろよ、天職なら」と、時に厳しく、時に優しく見守ってくれる海里。そんな海里に未亜は少しずつ心惹かれていく。そんなある日、未亜は突然、ストーカーと化し社内に乗り込んできた陽太に襲われる。震えて逃げる未亜だったが、そこに居合わせた海里に助けられ、キスされてしまう――。

今回中村さん演じる敏腕広報マン・宮沢綾は、関西人でジミーチュウの広報部で働いているという役柄。武井さん演じる未亜をヘッドハンティングしようと試みるが、やがて恋に発展していく…?

なお、本作は「ジミーチュウ(JIMMY CHOO)」から協力を受けており、劇中で宮沢が身につける小物も、本物の「ジミーチュウ(JIMMY CHOO)」のアイテムを使用している。そんなことから中村さんは、今回「ジミーチュウ(JIMMY CHOO)」のイベント会場に潜入し、実際に活躍するクリエイティブ・ディレクター、サンドラ・チョイに取材を敢行。実際に活躍するスタッフの働く姿を観察し、話を聞き、役作りもばっちりの様子だ。

さらに、自身初となる関西弁は、撮影と平行して鋭意猛特訓中。撮影のない日は関西弁の練習に勤しみ、現場の空き時間も練習に余念がないという。また今回演じる役柄と自分は全く重ならないと話す中村さんは「この役が僕なのか読めば読むほど不思議ですが、だからこそやりごたえがあるというもので、楽しみながらやらせてもらっています」とやり甲斐を語る。関西弁についても「難しすぎて…関西の方々にはぜひともあたたかい目で観てもらいたいなと…」とコメントを寄せた。

ドラマではすでに「ティファニー(TIFFANY)」とのコラボが決定しており、未亜はティファニージャパンの広報部員、その副社長に海里という設定となっている。「ティファニー(TIFFANY)」vs「ジミーチュウ(JIMMY CHOO)」、そして恋と仕事を巡る三角関係は一体どうなるのだろうか。

「せいせいするほど、愛してる」は7月12日(火)より毎週火曜日22時~TBSにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top