aiko、京アニ最新作『聲の形』の主題歌抜擢に歓喜!「とても幸せです!」

映画

-(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
  • -(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
  • aiko
  • 『映画 聲の形』(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
  • 『映画 聲の形』(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
入野自由、早見沙織ら人気声優を迎え、数々の賞に輝いた大今良時の同名漫画を映像化する映画『聲の形』『映画 けいおん!』『たまこラブストーリー』の京都アニメーション最新作としても注目の集まる本作の主題歌を、アーティストのaikoが務めることが分かった。

“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。やがて5年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語――。

「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞など数々の賞に輝くベストセラーコミックを、日本アカデミー賞優秀賞獲得の『映画 けいおん!』ほか多くの作品を輩出する京都アニメーションが映像化する本作。メガホンを取るのは、TVアニメ「けいおん!」を手掛けた山田尚子。脚本には「ガールズ&パンツァー」など大ヒットシリーズを手掛ける吉田玲子。石田将也役には、『千と千尋の神隠し』ハク役、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」宿海仁太役で知られる入野さん。そして、西宮硝子役は「バクマン。」亜豆美保役、「響け!ユーフォニアム」小笠原晴香役の早見さん。豪華スタッフ&声優陣が集結し、痛みから温かさが生まれ、心に刺さる感動を美麗な映像と共に贈る。

そして、本作の主題歌をaikoさんが担当することが決定。aikoさんは、自他ともに認める大の漫画好きであり、もともと原作の大ファンだったそうで、「映画『聲の形』の主題歌のお話をいただき本当にびっくりしました! 私は『聲の形』の漫画が大好きで、読んだとき感動して自分のライブのMCで1巻全部のストーリーを話してしまったほどなのです。なので、とても嬉しいのと同時にこの映画のそばにずっといられる歌をうたいたい! と強く思いました」と本作への想い入れを告白。

また、「最近1日中気合いが入っています、それが毎日続いています、大変ですがとてもとても幸せです! 本当にありがとうございます! うわぁああぁーーーーーーーー!!!!! やったーーーーーーーーーーー!!!!! すいません…取り乱してしもて…是非ともよろしくお願いします!」と喜びを爆発させた。

aikoさんが映画主題歌を担当するのは、2015年に公開された映画『先輩と彼女』以来で、さらにアニメーション映画の主題歌を務めるのは2005年に公開された映画『あらしのよるに』以来なんと11年ぶり! いまから本作を彩るaikoさんの楽曲に期待が高まる。

『聲の形』は9月17日(土)より、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top