綾野剛、「ライジング・スター賞」授賞式で初NY! 「感謝しかありません」

最新ニュース

主演・綾野剛と『凶悪』の白石和彌監督がタッグを組んだ『日本で一番悪い奴ら』。先日、本作が「第15回ニューヨーク・アジア映画祭」オープニング作品に決定し、綾野さんが同映画祭のライジング・スター賞を受賞することが報じられたが、この度現地時間6月28日(火)、その授賞式が行われ、綾野さんと監督が参加した。

北海道警察の新米刑事・諸星要一(綾野剛)は、叩き上げの刑事たちの前で 右往左往する毎日をおくっていた。そんな中、署内随一の敏腕刑事・村井(ピエール瀧)から教えられた刑事として認められる唯一の方法、それは“点数”を稼ぐこと。あらゆる罪状が点数別に分類され、熾烈な点数稼ぎに勝利した者だけが組織に生き残る。そのためには裏社会に飛び込み、捜査に協力するスパイ=S(エス)を仲間にし、有利な情報を手に入れろ! こうして、その教えに従った諸星と、彼の元に集まった3人のSたちとの狂喜と波乱に満ちた生活がはじまった。「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、ありとあらゆる悪事に手を汚した北海道警察の刑事・諸星の行き着く先は――!?

会場となったのは、ニューヨークのリンカーンセンター内にあるWalter Reade Theater。場内は上映を待ち望む幅広い世代の男女で満席となり、そこへ映画祭のディレクターが綾野さんと白石監督を呼び込み登壇。まず、今回がニューヨーク初上陸となる綾野さんが「会場の皆様、本日はご来場頂きありがとうございます。ニューヨーク、最高です!」と英語で挨拶すると、観客からは歓声と祝福の拍手が鳴り響いた。さらに、綾野さんは、“これからの世界的な活躍を期待する俳優”に贈られる「ライジング・スター賞」の受賞に関して「非常に光栄な賞をいただき、大変嬉しく思っております」と喜びを述べ、「私個人が、この賞を受賞したとは考えておりません。この『日本で一番悪い奴ら』という作品が評価され、私が代表として、今日この賞をいただいたのだと思っております。この作品に、白石監督に、そして本日この場にお越しくださった会場の皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました」とコメント。

また、オープニング上映の際にすでに観客と一緒に映画を見ている白石監督からは「ビッグスター!」と満席の会場に綾野さんを紹介し、「映画の中でたくさん悪いことをしていますが、そのおかげで、この作品と、ライジング・スター賞を授賞した綾野剛がこの場います」と挨拶し会場を沸かせた。

続いて同会場にて公式上映が行われ、上映中は絶えず笑いが起こり、本編後半では悪に染まった諸星と同調するように観客は物語に引き込まれていたようだ。また上映終了するや、場内からは拍手が起こり、客席で観客と共に鑑賞していた綾野さんと白石監督が紹介されると、さらに割れんばかりの拍手と賛辞が2人へ向けられていた。

上映後のティーチインにて綾野さんは「笑いながら楽しんで観ていただいたことに、とても感銘を受けています。そこは日本の劇場と似ていると感じました」と語り、白石監督も「聞くところによると、ニューヨークでも警察の不祥事などがあるようですし、ギャングもいる。そのような環境で、どう観てもらえるのか不安だったが、楽しんでもらえて安心しました」と安堵の表情を浮かべていた。最後に綾野さんは、「大変栄誉ある賞をいただきまして、感謝しかありません。今回、ニューヨークに来て、たくさんのパワーをいただきました。エンターテイメントのありとあらゆる可能性に満ちあふれていて、この地で体感したことを自らの糧にして、今後の作品にも活かしていきたいと考えています」と締めくくっていた。

『日本で一番悪い奴ら』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top