オーシャンズ金子、4年間狙い続けた海の奇跡的瞬間を遂にとらえる 「イッテQ」

最新ニュース

「世界の果てまでイッテQ !」
  • 「世界の果てまでイッテQ !」
  • 「世界の果てまでイッテQ !」
  • 「世界の果てまでイッテQ !」
  • 「世界の果てまでイッテQ !」
いままで数々の奇跡を起こし、目撃してきた日本テレビにて放送中の「世界の果てまでイッテQ!」。本日31日(日)放送の回では、その中でも特に地球の3分の2をも占める海を舞台に戦う男・オーシャンズ金子が、ついに世界初(!?)の奇跡の瞬間をとらえることに成功したようだ。

これまで金子さんは、ホホジロザメの大ジャンプや、ザトウクジラが群れで行う捕食行動“バブルネットフィーディング”の撮影などに成功し、一部ネットでは 「豪運」「最強運」といわれるほど奇跡を目撃してきた。だがそこにいつも立ちはだかるのは、「イッテQ」とは比べものにならない予算と労力で、世界の様々な奇跡を撮影し続ける、ナショナルジオグラフィック、BBC、NHK…。

そんな彼らに敬意を払いながらも独自の戦い方で奇跡に挑んできた「イッテQ」チームが、ついに彼らを超えたといっても過言ではない奇跡の瞬間をとらえることに今回成功したという。

普段、単独行動をするムンクイトマキエイ、通称・ミニマンタが、メキシコのコルテス海に大集結するという驚異の映像が4年前、アメリカのテレビ局・ナショナルジオグラフィックによって撮影された。その映像に衝撃を受けた番組は「なんとしても撮りたい!」と、そのチャンスを狙っていたのだが、4年間エイの群れが姿を現すことはなかった。 しかし“群れを成す可能性がある”という情報を今回入手! すぐさま数々の奇跡を起こしてきたオーシャンズ金子を招集し、メキシコ・コルテス海に向かった。そして、奇跡を信じた海への挑戦が始まった。奇跡は奇跡を呼び、驚きの光景を目撃することとなる――。

金子さんは「この9年間、オーシャンズ金子は世界の大きなテレビ局の素晴らしい映像に負けじと、イッテQチームの仲間とともに、それを超える映像の撮影に臨み続けてきましたが、なんと今回はオーシャンズ金子にしか見れない“本当の意味での世界的な映像撮影”に成功しました!!」と語っている。また、「チームワークと粘り強さと全員が奇跡を信じて追い求めたオーシャンズ史上最高の映像を是非とも多くの方に見ていただきたいです! 絶対に見逃がせない今回の放送! お楽しみに!!」とメッセージを寄せた。

また今夜は、お祭り男・宮川大輔がイタリアで「洗い流し祭り」に参戦! 「洗い流し祭り」は、街の路地を丸ごとウォータースライダーに変え、浮き輪で滑り、その速さを競うタイムトライアルレース。 コースの距離は全長300m、最初に登場する110度のカーブやスピードに乗ってからの角度90度カーブの難関が待ち受ける。 果たしてどんな盛り上がりを見せるのか!?

「世界の果てまでイッテQ !」は毎週日曜日19時58分~日本テレビにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top