【インタビュー】生田斗真×岡田将生 「イケパラ」以来の共演で感じた成長と共鳴

最新ニュース

『秘密 THE TOP SECRET』(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会
  • 『秘密 THE TOP SECRET』(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会
  • 『秘密 THE TOP SECRET』(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会
  • 『秘密 THE TOP SECRET』(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会
  • 『秘密 THE TOP SECRET』(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会
  • 岡田将生/『秘密 THE TOP SECRET』(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会
  • 『秘密 THE TOP SECRET』(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会
  • 『秘密 THE TOP SECRET』(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会
初めて顔を合わせたのは、イケメンブームの先駆けとも言える2007年のドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」。生田斗真は当時22歳だった。

「若かったなぁ…って思います(笑)。同世代の役者さんがワーッと集まるような現場は僕も初めてですごく珍しい経験でした」。そんな言葉で9年前の現場をふり返る。小栗旬、堀北真希、鈴木亮平、溝端淳平…現在も第一線で活躍する俳優たちがズラリと顔をそろえたが、その中にデビューして1年足らずの岡田将生もいた。「キレイな顔をした男の子がフラフラ現場にいまして(笑)。まだ“俳優”って感じでもなくて、かわいかったですねぇ…」と懐かしそうに微笑む。

まだ17歳だった岡田さんも当時のことはよく覚えているという。

「本当に最初の頃の仕事で、深く考えてなくて『カッコいい人たちがたくさんいるなぁ…』って(笑)。そんな中で生田さんは、すごく面倒を見てくださって、いろいろお話を聞いていただいたりもしました」。

それから9年。共にいくつもの映画、ドラマで主演を務め、押しも押されもせぬ人気俳優となった2人が、映画で再共演を果たした。清水玲子の人気同名コミックを映画化した『秘密 THE TOP SECRET』で彼らが挑んだのは、人間の脳内に残された記憶! 『るろうに剣心』シリーズで知られる大友啓史監督の下、2人はこの難題にどう臨んだのか――?

被害者の脳内に残された記憶を取り出し映像化するという最先端の科学技術を使い、難事件を解明する“MRI捜査”。警察庁の特殊脳内捜査チーム【第九】が、この捜査を用いてある事件の真相に迫るさまを描き出す。

生田さんが演じたのは第九の室長で天才的な頭脳を誇るが、過去にMRI捜査によって、親友を失い心に傷を持つ男・薪剛(まき つよし)。最初に脚本を読んだ時点で、決して簡単な仕事ではないだろうことを自覚していた。

「一番のカギは、死者の見た記憶が映像化されるというところ。これをどう表現するのか? その出来具合が作品の良し悪しを左右することになりそうだなと思いましたが、ひとの記憶ですからね…。(あくまで脳内の記憶であるため)ある時には人間が悪魔のようにも見えるし、ある時には街が地獄のようにも見える。そういうことを考えるとドッと疲れましたね(苦笑)」。

一筋縄ではいかないだろうという思いは、新人捜査官の青木を演じた岡田さんの中にもあった。

「すごい話だな…と思いましたが、抱えなくてはいけないことがたくさんありました。大友監督の現場に関しては、かねがねウワサを聞いてはいたので…(笑)、覚悟を決めて臨まないといけないなと思っていました」。
《text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

特集

page top