高畑勲登壇イベントも!「スタジオジブリ・レイアウト展」静岡市美術館にて開催

最新ニュース

『風の谷のナウシカ』から始まったスタジオジブリ作品のレイアウト画を一挙に集めた展示会が、2016年11月19日から2017年2月5日にかけて静岡市美術館で開催される。

本展で展示されるレイアウトとは、アニメスタッフ全員がイメージや世界観を共有するために原寸大の紙に鉛筆で描かれたイラストを指す。アニメでは登場人物や背景意外にも、雨や風などの自然現象まですべてを一から描かなくてはならない。その一方でアニメ制作は分業化が進み、統一感をもたせることが難しくなってきている。レイアウトはそんな制作現場において、作品に統一感を持たせる重要な役割を担っている。

「スタジオジブリ・レイアウト展」は、スタジオジブリのレイアウトが一挙集結する。宮崎駿監督直筆のものを中心に、『風の谷のナウシカ』から『思い出のマーニー』まで全33タイトル、約1,300点のイラストが展示。なかには高畑勲、宮崎駿がジブリ以前に手がけた『アルプスの少女ハイジ』や『赤毛のアン』もレイアウトも含まれている。多くの人びとに感動を与えてきた、ジブリアニメの創作の秘密に迫ることができる。

また12月17日には「レイアウトとは何か」、来年1月14日には「主観と客観」と題した講演会も開催予定。「主観と客観」には講師として高畑勲も登壇する予定で、多くのジブリファンが駆けつけることが予想される。レイアウト画の展示だけでなく、さまざまな角度からスタジオジブリを堪能できる。

このほか撮影コーナーも設置する。トトロのお腹に乗れる「トトロケーション」、ポニョを捕まえて記念撮影ができる「ポニョロケーション」、そして自分だけのまっくろくろすけを描ける「“まっくろくろすけ”コーナー」の3種類だ。いずれも子供から大人まで、誰でも楽しめる内容だ。ジブリファンには注目のスポットとなりそうだ。

特設のグッズ売り場も充実しており、オリジナルグッズの他、約460ページのオリジナルカタログも販売される。

高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展
開催期間:2016年11月19日(土)~2017年2月5日(日)
開館時間:10:00~19:00(展示室入場は閉館30分前まで)
観覧料:一般1,300円、大高生・70歳以上900円、中学生以下無料

「スタジオジブリ・レイアウト展」静岡市美術館にて開催 高畑勲による講演会も

《ユマ》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top