【予告編】ヴィン・ディーゼル、“魔女狩り一筋800年”のバトル解禁『ラスト・ウィッチ・ハンター』

映画

「魔女狩り一筋800年」という単純明快なキャッチコピーが話題を呼んでいる、ヴィン・ディーゼル主演のSFアクション超大作『ラスト・ウィッチ・ハンター』。このほど、待望の予告編映像が解禁となった。

いまから800年前、魔女に不死の呪いをかけられたコールダー(ヴィン・ディーゼル)。以降、現代に至るまで、唯一無二の魔女ハンターとして戦い続けていた彼を、“ドーラン”と呼ばれる神父が歴代の相棒として見守っていた。しかし、ある日、36代目のドーラン(マイケル・ケイン)が何者かによって殺害される。37代目ドーラン(イライジャ・ウッド)とともに捜査に出たコールダーは、大昔に殺したはずの魔女の女王が関与していることを知るが…。

魔女に掛けられた不老不死の呪いにより、中世から現代に至るまで生き続けるハンターの最後の戦いを描く、ド迫力のSFアクション巨編となる本作。主演を務めるのは、泣く子も黙るアクションヒーロー、ヴィン・ディーゼル。

共演には、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのイライジャ・ウッド、「ゲーム・オブ・スローンズ」「ダウントン・アビー」のローズ・レスリー、『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』『ダークナイト』シリーズのマイケル・ケインといったハリウッドを代表する超豪華キャストが集結。メガホンをとったのは、ジョージ・A・ロメロの傑作ホラーを現代に蘇らせた『クレイジーズ』の新鋭ブレック・アイズナー監督だ。

解禁となった予告編では、ヴィンが8世紀もの間、悪なる魔女を狩り続けてきた不死身の戦士を爆演。「魔女狩り一筋800年」の男に、まさかの説得力を持たせている。剣と銃を携え、アストン・マーチンで滑走する姿は、ハートをがっちりハンティングされること間違いなし。


彼をはじめとする個性豊かなキャラクターが織りなす強烈なバトルと、華麗な映像、思いがけない裏切り…。人類を守るため、魔女の女王との最終決戦に挑むコールダーたちの勇姿に注目していて。

『ラスト・ウィッチ・ハンター』は9月30日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top