【インタビュー】吉田羊&滝藤賢一が芸能スクープを巡り激論!?

最新ニュース

滝藤賢一&吉田羊/『SCOOP!』photo:Naoki Kurozu
  • 滝藤賢一&吉田羊/『SCOOP!』photo:Naoki Kurozu
  • 『SCOOP!』(C)2016映画「SCOOP!」製作委員会
  • 吉田羊/『SCOOP!』photo:Naoki Kurozu
  • 『SCOOP!』(C)2016映画「SCOOP!」製作委員会
  • 『SCOOP!』(C)2016映画「SCOOP!」製作委員会
  • 滝藤賢一/『SCOOP!』photo:Naoki Kurozu
  • 『SCOOP!』(C)2016映画「SCOOP!」製作委員会
  • 滝藤賢一&吉田羊/『SCOOP!』photo:Naoki Kurozu
写真週刊誌で、芸能&事件班とグラビア班を取り仕切る副編集長にして、次の編集長の座を狙うライバル同士。吉田羊と滝藤賢一がこの役を演じると聞いただけで、よく知りもしない写真週刊誌の編集部の様子がなぜかリアルにイメージできてしまう。

校了前の“戦場”と化した編集部で、大声を張り上げ、互いのやり方を認めずに丁々発止の激論をぶつけ合う。実は若いときからなぜか対抗意識を持っていて…そんな、時間を超えたドラマ性まで妙にリアリティをもって想像させてしまうのは、この2人の演技力の高さ、絶妙な存在感ゆえである。この数年、次々と話題の作品に出演して注目を浴び、いまや日本映画界に欠かせない引っ張りだこの人気俳優となったという点でも共通している2人が、映画『SCOOP!』および、お互いについて、知られざる、とっておきの特ダネも…?

――普段は、パパラッチに狙われる側であるお二人が本作では狙う側の写真週刊誌の副編集長を演じられていますね。

滝藤:僕なんて狙われたことないよ!

――いやいや、きっと虎視眈々とパパラッチが狙ってますよ(笑)。

滝藤:そうなの(笑)?

吉田:演じてみて「こういう風に(スクープの撮影を)やっているのか!」と興味深かったですね。実際、本物の張り込みの現場の様子の映像なども見せていただいたんですけど「こんなに手の内を見せていいのかな?」となぜか心配までしつつ(笑)。

――写真週刊誌に対してイメージは変わりましたか?

吉田:最初は二階堂ふみちゃんが演じた野火と一緒で「こんな仕事…」とか思ってたんですけど、演じる中で「なにがなんでもスクープ撮ってやるぞ!」って気持ちになってくるし、世間の反応を見て「自分は世の役に立っているんだ」なんて正義感まで芽生えてくる。それが原動力であり、大義名分にさえなってくるんですよね。映画の撮影が終わる頃には、私自身の感覚がちょっとすり替わっているのに気づいて怖くなりましたね。

――お金とか部数増加のためではなく…

吉田:お金に関係なく、自分がやったことが世の中を動かしたり、世間をあっと言わせたりする快感や興奮があるんでしょうね。理解したくないけど、ちょっと理解をしてしまったり…(苦笑)。

滝藤:そりゃ、撮られるよりも撮る側の方がいいですよね。

吉田:世間の「知りたい」という欲って底知れないもので、どんなに撮っても「その次が見たい!」ってなるんですよね。

滝藤:僕はそこまで図太くないから無理だなと思いました。本人を前に直撃したりなんてできない! 繊細ですから(笑)。だから僕は、グラビア班でよかった…。

――グラビアといえば、映画の中でも“袋とじ”グラビアが出てきますね。

滝藤:夢があっていいのかなぁ…(笑)? 僕は破らずに、こうやって(隙間からのぞくように)見ます。

吉田:そこで袋とじを破るか? 破らないかの差、一線を超えるかどうかの基準って何? 好きなタレントかどうか?

――さすが芸能・事件班担当の副編集長! 切り込みますね(笑)。

滝藤:いや、破ったら見たってわかっちゃうでしょ? 跡を残したくないんですよ。奥さんに知られるのはいいけど、僕の楽屋に置いてあった週刊誌の袋とじが破れていたら「滝藤賢一が袋とじを見た」ってなるわけでしょ。

吉田:滝藤さん的には見たい欲求はあるけど、周りにどう見られるかを意識して…(笑)?

滝藤:そう。僕は他人に対する壁が高いというか、シャットアウトしようとする気持ちが強いんでしょうね。
《photo / text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top