ウィリアム王子一家、カナダでのロイヤルツアーは「楽しい思い出」に

最新ニュース

ウィリアム王子一家-(C)Getty Images
  • ウィリアム王子一家-(C)Getty Images
  • ジョージ王子-(C)Getty Images
  • ジョージ王子-(C)Getty Images
  • ジョージ王子-(C)Getty Images
  • シャーロット王女-(C)Getty Images
  • ジョージ王子-(C)Getty Images
  • ウィリアム王子一家-(C)Getty Images
  • ウィリアム王子一家-(C)Getty Images
9月24日(現地時間)から8日間のカナダ・ロイヤルツアーを終えたウィリアム王子一家。ロンドンに向けてヴィクトリア空港への水上飛行機に乗るため、ジョージ王子はウィリアム王子に手を引かれ、シャーロット王女はキャサリン妃に抱っこされて港に現れた。

「Mirror」誌によると、ウィリアム王子はキャサリン妃とともに「カナダの人々が私たちを温かく歓迎してくださったことに大変感謝しています」とコメントを発表したという。また、「ジョージやシャーロットにカナダを紹介することができて幸運です。この訪問は子どもたちの人生に大きく影響を与えることでしょう」とも語っている。

カナダ国民に向けて“さようなら”のお手ふりをした後、水上飛行機に乗り込んだ一家。このツアーで同年代の子どもや動物たちとの触れ合いを通し、堂々とした成長ぶりを世界にアピールしたジョージ王子とシャーロット王女だったが、ジョージ王子は最後までメディアにサービスすることを忘れなかった。なんと席に着くや否や、窓に鼻を押し付けるといういかにも子どもらしい仕草を見せたのだ。思いがけないベストショットにメディアも大喜び。

15分ほどの飛行の後、着陸すると、ジョージ王子はコックピットで操縦ごっこも楽しんだそうた。救急ヘリのパイロットでもあるお父様のように、将来はパイロットになる可能性もあるかもしれない。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top