【予告編】ジェシー・アイゼンバーグら豪華キャスト共演!詩的な映像美…『母の残像』

映画

ジェシー・アイゼンバーグ、イザベル・ユペールら豪華キャストが、鬼才ラース・フォン・トリアーの遺伝子を受け継ぐ甥、ヨアキム・トリアー監督のもとに集結した映画『母の残像』。11月26日(土)からの日本公開を前に、詩的な映像美が心をかき乱す予告編映像が解禁となった。

著名な戦争写真家だった母イザベルの突然の死から3年後、彼女の回顧展が開催されることになり、その準備のため、長男のジョナが父ジーンと引きこもりがちな弟コンラッドが暮らす実家に戻ってくる。イザベルの死には事故なのか、自殺なのか、不可解な部分が多くあり、当時まだ幼かったコンラッドにその真相は隠されていた。久しぶりに集まった彼らは、写真展の準備の過程でイザベルへのそれぞれの思いを語るなか、知られざる母の一面や秘密に戸惑い、悩む。しかし、結果的に、妻であり、母であるイザベルの本当の姿が彼らの中で共有されるにつれ、その死を徐々に受け入れて、家族の絆を取り戻していくかに見えたが…。

監督を務めたヨアキム・トリアーは、『ニンフォマニアック』『メランコリア』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』などで世界的に知られるデンマークの鬼才ラース・フォン・トリアーの甥。長編デビュー作『リプライズ』(’06)でノルウェーアカデミー賞にあたるアマンダ賞にて3部門受賞、続く『オスロ、8月31日』(’11)はカンヌ国際映画祭ある視点部門に出品されたほか、世界各国の映画祭で絶賛された。

今回、長編3作目にして初めての英語作品となる本作は、『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサー陣が製作を担当。先の第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出され、2016年アマンダ賞では監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞を受賞したほか、いま世界中から注目を集めている。

このたび解禁となった予告編映像は、戦争写真家だったイザベル・リード(イザベル・ユペール)の死から幕を開ける。夫ジーン(ガブリエル・バーン)と2人の息子、ジョナ(ジェシー・アイゼンバーグ)とコンラッド(デヴィン・ドルイド)。それぞれにとっての、妻としての姿、母親としての姿、そして女性写真家としての姿が、彼らの記憶と現在の想いとともに映し出されていく。


心がザワつく映像のラスト、イザベルの正面を向く姿とともに“誰も知らない、もう一人のあなた”と締めくくられる本予告編。家族1人1人にとっての、彼女の本当の姿とは、いったい…?

この冬、みずみずしい感受性と繊細かつ豊かな映画的表現を駆使して産み出された深遠な人間ドラマに、酔いしれてみて。

『母の残像』は11月26日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top