浅田真央&羽生結弦、リンクでときめく!「コブクロ」書き下ろし曲に乗せた新CM到着

最新ニュース

ロッテ「真っ赤って、ときめき。羽生結弦スケート」篇メイキング
  • ロッテ「真っ赤って、ときめき。羽生結弦スケート」篇メイキング
  • ロッテ「真っ赤って、ときめき。浅田真央スケート」篇
  • ロッテ「真っ赤って、ときめき。浅田真央スケート」篇
  • ロッテ「真っ赤って、ときめき。浅田真央スケート」篇
  • ロッテ「真っ赤って、ときめき。浅田真央スケート」篇
  • ロッテ「真っ赤って、ときめき。羽生結弦スケート」篇
  • ロッテ「真っ赤って、ときめき。羽生結弦スケート」篇メイキング
  • ロッテ「真っ赤って、ときめき。羽生結弦スケート」篇
ガーナミルクチョコレートの新CM「真っ赤って、ときめき。浅田真央スケート」篇、「真っ赤って、ときめき。羽生結弦スケート」篇が、10月22日(土)から全国にてオンエアされる。今回の新CMは、シーズン開幕を控えるフィギュアスケーター・浅田真央選手と羽生結弦選手をそれぞれ起用した2本立て。「コブクロ」の書き下ろしCMソング「tOKi meki」 に合わせて、浅田選手は華麗で美しい演技を披露、羽生選手はスピード感にあふれた滑りと大照れの笑顔を見せてくれた。

まずは、浅田選手篇。真っ赤な衣装に身を包み、スケートリンクで気持ち良さそうに滑っている。コブクロのCMソング「tOKi meki」に合わせ、カメラ目線で「OK」とサインを送り、 なめらかな演技からジャンプやスピンなどを披露し、華やかな演技を見せている。

「おはようございまーす!」と、撮影場所であるスケートリンク場に元気良く登場した浅田選手。氷上にいる監督の元へ向かうと、「真央ちゃん、僕が歌うので、それに合わせてスケーティングしてください。ラーララー♪」と監督自ら美声を披露。監督ともすぐに打ち解け、終始リラックスした様子で撮影に臨んでいた。

撮影中は、浅田選手は監督から事前に言われていた「楽しく!」をイメージし、その場で即興スケーティング。監督の前でフィニッシュポーズを決めた浅田選手が「こんな感じですか?」と笑顔で聞くと、スタッフ全員から大きな拍手が。「そう! そのイメージ! すごいキレイ!」と、CMのイメージにぴったりのなめらかなスケーティングに監督も太鼓判。その後も、監督やカメラマンからのリクエストに次々と応じて演技を披露する姿は、さすがのひと言。さらに今回、CMソングに出てくる「君がいるならOK」という歌詞にちなみ、浅田選手がカメラに近づいて「OK」とポーズをするシーンを撮影。監督から「このシーンは、今日一番楽しい表情で!」というリクエストもあったことから、浅田選手はさまざまなパターンを試してみることに。

「オッケー!」(浅田選手)「もっと元気よく!!」(監督)「オッケ!」(浅田選手)「もっと楽しそうに!」(監督) と何度も繰り返しながら、やがて、カメラへ一直線に向かい、首を少し傾けながら「オッケー!!」とニコッと笑顔になる演技に、今度は監督から満面の笑みでOKサインが! 「ほんと可愛い!」と監督も納得の可愛すぎる「OK♪」ポーズが完成した。

撮影を終えた浅田選手は、「自然に、気持ちよく滑れた」とふり返り、その出来は 「100点満点です!(笑)普通の陸(での演技)よりは、やっぱり気持ちよく演技できたと思いますし、完成が楽しみだなと思います」と充実した様子。また、浅田選手自身がいま一番ときめいているものは、なんと「料理」だそうで、「この前はカレーを作ったんです。その美味しさにときめきました!」と語ってくれた。

一方の羽生選手も、真っ赤な衣装に身を包み、スケートリンクで軽快に滑り始める。羽生選手自ら、監督に「こういう動きができます!」など積極的に提案することで、コブクロのCMソング「tOKi meki」と複雑に移動していくハイスピードカメラの両方に見事合わせた滑らかなスケーティングを披露した。

今回のCMでは、羽生選手のスピード感にあふれたスケーティングを、ハイスピードカメラで俯瞰から追いかけるように撮影。演技の動線などをより細かくスタッフと確認していく必要があったが、「僕の動きに合わせるよりも、僕がカメラの動きに合わせる方がやりやすいです!」と羽生選手自ら提案。その提案が功を奏し、複雑に移動していくカメラの動きに対して羽生選手は滑らかなスケーティングで応じていった。

特に圧巻だったのは、最後に撮影した1分間のフリー演技。約3分行われるショートプログラムよりは短く、「テーマは“なめらかさと楽しさ”でお願いします!」という監督からのリクエストも応えなくてはいけない難しい演技。しかし、羽生選手は、カメラに映る範囲ギリギリまで氷上を幅広く使い、さまざまな技をほぼノンストップで披露してくれた。その華麗なスケーティングに会場中のスタッフが魅せられるなか、「あと10秒!…5秒!…はい、OK !素晴らしい!!」と監督が声を掛けると、会場中からこれまでにない大きな拍手が巻き起こった。

試合会場以外ではなかなか見られない、羽生選手の渾身のフリー演技となったが、難しかったのは、CMソング「tOKi meki」に合わせた「オッケー」のセリフと動作。「心の中の、羽生選手の元気を思いっきり表現して下さい!」という監督からのリクエストに、「オッケーです!」とノリノリの羽生選手。しかし…。

「オッケー!」(羽生選手)「もっと楽しそうに!!」(監督)「オッケーィ!」(羽生選手)「もっとウキウキするような感じ! 何回か繰り返して!」(監督)「オッケー! オッケー! オッケーでーす! …恥ずかしい!(笑)」 と、しまいには、途中で思わず顔を隠すほど大照れ。その様子にスケート場全体はほっこりとした笑いに包まれたが、それでも快く、羽生選手はさまざまな「OK♪」ポーズを演じてくれた。

羽生選手は、今回の撮影は「確かに難しかったですね(笑)」とふり返りながら、「でもプログラム次第で、楽しい表情や悲しい表情、力強い表情などを出さない といけないので、そういう意味では(今回のリクエストは)フィギュアスケートらしいかなと思いました」と前向きにコメント。ちなみに、羽生選手にとって“氷上”で一番楽しい瞬間は? 「楽しい瞬間は…やはりスケートを始めるきっかけになったジャンプ。普通の現実では味わえない、普通に陸上で生活していては考えられないようなジャンプや、そのスピード感。そしてそれを達成できたときの喜びが、一番元気が出る瞬間」と生き生きとした表情で語る。

最近の“ときめき”はというと、「以前ある大会で、昔から憧れていたプルシェンコさんと一緒に試合会場で練習することができたんです。それが、僕のフィギュアスケート人生の中で一番ときめいた瞬間でした!」と明かした。

ロッテ「ガーナミルクチョコレート」新CM「真っ赤って、ときめき。浅田真央スケート」篇、「真っ赤って、ときめき。羽生結弦スケート」篇は10月22日(土)よりオンエア。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top