山田孝之『ウシジマ』終幕に未練なし! 新企画での再会を約束「またどこかで会いましょう!」

最新ニュース

山田孝之主演の人気シリーズの最終章となる『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』が10月22日(土)に公開を迎え、山田さんをはじめ、綾野剛、崎本大海、やべきょうすけら、シリーズを支えてきた面々が惜別の思い、ファンへの感謝を語った。

違法な金利の“闇金”カウカウファイナンスを営む丑嶋を中心に、彼のもとを訪れる人生崖っぷちの債務者たちの姿を通じてお金とは? 欲望とは? と問いかける大人気シリーズ。2010年のドラマシリーズから、6年にわたり、スピンオフを含め計10作が発表されてきた。

この日は、山田孝之、綾野剛、崎本大海、やべきょうすけ、高橋メアリージュン、最上もといった、おなじみの面々に加え、本作でシリーズ初参加となる永山絢斗、安藤政信、間宮祥太朗、YOUNG DAIS、玉城ティナ、太賀、そして企画、プロデュース、監督を務めてきた山口雅俊の計13名が揃って舞台挨拶に登壇した。

フィナーレということで「これだけは言っておきたいこと」を問われた高橋さん。丑嶋と敵対する犀原役ということで、あえて、山田さんらとは言葉を交わさずにこれまで過ごしてきたが「カウカウのメンバーと監督に…お疲れ様でした! 一切、口を利かないようにしてきましたが、これで口もきけるしご飯も行けるので、連れてってください!」と語り、山田さんも「行きましょう!」と快諾した。

カウカウの社員・高田役の崎本さんは「6年間、作品を通じて自分なりに感じてきたことは、債務者たちの大切な人や家族がキーパーソンになっているということ。ファイナルでは丑嶋の家庭も描かれているし、いままで見れなかった丑嶋が見れました。いま、大切に思ってるひと、そしてみなさんのことを大切に思ってくれている人に、この映画からから感じたことを伝えてあげてください」と客席に向けて呼びかけた。

丑嶋の右腕・柄崎役のやべさんは、登場するや客席に乱入し会場をわかせた。最後の挨拶では「感謝の気持ちでいっぱいの6年間です。本当にありがとうございました」と深々と客席に頭を下げた。

丑嶋の幼なじみの情報屋・戌亥を演じた綾野さんは「ひとつの作品の歴史が終幕を迎えようとしていて、いろんな思いがあります。監督、カウカウファイナンスのみなさんを尊敬するし、敬意しかないです。そんなチームに4年間、仲間として入れていただき感謝しています。山田孝之が主役として、立ち続ける姿に、周りも共鳴し、毎回、素晴らしいゲストが集まってきたんだと思います。寂しさも感じますが、新たな始まりでもあると思っています。山田孝之に感謝と敬意を込めてありがとう。お疲れさま!」と“盟友”山田さんをねぎらった。

そして、最後にマイクを握った山田さんは「見てくださるみなさんがいてこそ、続けてこれました。感謝しています。また、面白いことができないかと思っています」と語った。さらに、ほかの登壇陣が退場後も、ひとりだけステージに残り、最後の最後の挨拶。「まだ続けて」というファンの思いに対し「やりません! 見事に終わらせることができました。これを見ていただければ、そういう言葉は出てこないと思います」ときっぱり。「またどこかでお会いしましょう!」とさわやかに締めくくった。

『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top