横浜流星、20歳の誕生日は共演中の森永悠希とビールで乾杯!

最新ニュース

人気急上昇中の若手俳優・横浜流星の2017年カレンダー発売を記念して10月23日(日)、都内でファンイベントが開催。イベント前に横浜さんが報道陣の取材に応じ、カレンダーの魅力や、先月、20歳の誕生日を迎えての心境などを語ってくれた。

1月から12月まで、遊園地やブックカフェ、下町、そして夜の街など、異なるシチュエーションでさまざまな表情を見せる横浜さんだが、今回のカレンダーは「これまでは大人っぽく、カッコいい感じをテーマにしていることが多かったんですが、今回は等身大の、10代最後の自分、“いま”の自分を撮ってもらおうと思った」と明かす。

ほとんどのカットの撮影で、カメラマンと寸劇をしていたそうで「カメラマンの荒木勇人さんが“アラコ”で、僕と付き合ってるんだけど、不倫をしたという設定とか…(笑)」とかなりディープかつシュールな状況での撮影だったと明かす。

撮影で訪れたような遊園地にデートで行くのは? との問いには「行きたいなとは思います。ただ、人混みが苦手なので、わりと静かな公園とか海とかでデートしたいですね。でも遊園地も行ってみたいです」と語った。

先月の9月16日に二十歳の誕生日を迎えたが、ドラマ「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」にて共演中で、同い年の森永悠希と一緒にお酒を飲みに行ったという。ビールを飲んだということで「まだおいしいとかは分かんないけど、飲めたので弱くはないのかな…? 少しずつ、味わって飲めるようになれたら」と“大人の階段”を一歩のぼったことを報告!

憧れの大人は、以前から公言しているように自身のお父さんだそうで「父のように背中で語れる男の中の男になりたい」と語った。仕事面では、ドラマ、映画、舞台とめざましい活躍が続くが、目標を尋ねると「いま、一番やってみたいのは大河ドラマに出演すること」と明かす。「歴史が好きで、以前、舞台で殺陣をやって魅力に気づきました。戦に出て活躍する強いやつを演じたい!」と意欲を口にした。

「横浜流星カレンダー2017」は発売中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top