リオ五輪銅メダル三宅宏実、魔法動物のイラストに金メダルへの決意込める?

最新ニュース

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』イラストコンテスト表彰式
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』イラストコンテスト表彰式
  • 受賞した奥なぎさちゃんと三宅宏実と三宅義行『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』イラストコンテスト表彰式
  • 三宅宏実『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』イラストコンテスト表彰式
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』イラストコンテスト表彰式
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』イラストコンテスト表彰式
  • 三宅宏実『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』イラストコンテスト表彰式
『ハリー・ポッター』の世界を舞台にした新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の魔法動物を描くイラストコンテストの表彰式が10月23日(日)に開催。プレゼンターとして五輪重量挙げメダリストの三宅宏実と三宅義行の父娘が揃って来場した。

『ハリー・ポッター』シリーズのJ・K・ローリング自ら脚本を書き下ろした本作。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ世界で物語が展開し、魔法動物学者のニュートのトランクから逃げ出した魔法動物たちが巻き起こす大騒動を描き出す。

既に予告編などで解禁されている様々な魔法動物たちのイラストを募集したこちらのコンテスト。受賞者の中にはハリーのコスプレで出席している人もおり、いまなお『ハリー・ポッター』シリーズが高い人気を保っていることをうかがわせる。実際、900通を超える応募があり、その中から、“カラフル鳥”と名付けられた色鮮やかな鳥の魔法動物を描いた奥なぎささんが“ファンタスティックビースト賞”に輝いた。

娘の宏実さんはリオ五輪で勝ちとった銅メダルを首に下げて登場。受賞者のなぎさちゃんに金メダルを授与した。ちなみに、宏実さんも受賞者たちと同じように魔法動物の絵を描いており、壇上でその絵を披露! 劇中に登場するキュートな魔法動物のニフラーを描いており「絵を描くのは中学以来なので、素晴らしいみなさんの絵の中で恥ずかしいですが…(苦笑)」と語るが「ポスカと色鉛筆と絵の具、そしてマニキュアを使って描いた」という、数日間かけて完成させた力作で、しかも、ニフラーの首には銅メダルが!!

評価を求められた父・義行さんは、宏実さんが既に銀メダル(ロンドン五輪)
銅メダル(リオ五輪)を獲得していることを踏まえて「願いを込めて金をあげたい」と語るキラキラしたものが大好きなニフラーの“キラキラ”感が伝わってくるが、義行さんはこれを「(金メダルという)自分の夢、思うところがあるんじゃないか? 2020年の東京に向けての希望があるのでは?」と解釈。「親としては早く嫁に行ってほしいけど…(苦笑)」と複雑な胸の内を明かす。

宏実さんは「絶対の保証はできないけど、チャレンジできればと思ってます」と東京五輪に向けての現役続行を示唆。一方で、“結婚”に関する質問をされることが増えたそうで、苦笑しつつ「お嫁に行ってない先輩方もいらっしゃいますのでゆっくりと。こればかりはご縁ですから」とかわしていた。

『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top