陣内孝則、自身の監督作品を「『君の名は。』みたいな映画と言って」

最新ニュース

『幸福のアリバイ~Picture~』完成披露試写会
  • 『幸福のアリバイ~Picture~』完成披露試写会
  • 陣内孝則監督/『幸福のアリバイ~Picture~』完成披露試写会
  • 柾木玲弥/『幸福のアリバイ~Picture~』完成披露試写会
  • 『幸福のアリバイ~Picture~』完成披露試写会
  • 柳葉敏郎/『幸福のアリバイ~Picture~』完成披露試写会
  • 浅利陽介/『幸福のアリバイ~Picture~』完成披露試写会
  • 山崎樹範/『幸福のアリバイ~Picture~』完成披露試写会
  • 佐藤二朗/『幸福のアリバイ~Picture~』完成披露試写会
笑って泣ける感動のヒューマンコメディ『幸福のアリバイ~Picture~』の完成披露試写会が10月26日(水)、都内にて行われ、出演する柳葉敏郎、山崎樹範、浅利陽介らとともにメガホンをとった陣内孝則監督が登壇した。おしゃべりの上手い陣内監督らしく、「もし、映画を観てつまらないと感じた方は、お友達に『君の名は。』みたいな映画だったよ! と言ってもらえれば」とロングランヒットのタイトルを引き合いに出し、集まった観客を爆笑させていた。

『幸福のアリバイ~Picture~』は、誕生、見合い・結婚、成人、葬式など人生の節目に起こる5つの出来事がオムニバスで描かれる。エピソード「誕生」では、出産を控えた娘を見舞いにやってきた父(柳葉さん)と婿(浅利さん)との関係が描かれる。

オーディションで選ばれたという柾木玲弥は終始緊張気味で、たどたどしく挨拶を終えた。すると陣内監督が、「12年前、『ROCKERS』を撮ったときもオーディションで玉木宏と玉山鉄二を選んだんです。おそらく次、柾木がくると思う。CMとかいっぱいきたときは、300万くらい俺のところ持ってきて」と空気を和ませると、すかさず山崎さんが「それ皆に言いますよね(笑)」と突っ込んだ。むきになった陣内監督は、「皆、俺を踏み台にしてのしあがっていくんだよ。そこら辺はアフターケアをして」と柾木さんに告げると、柾木さんも緊張の糸がほどけたような笑顔を見せた。

この日、撮影のため会場に来ることができなかったという出演の中井貴一からは、サプライズでビデオメッセージが届いた。神妙な面持ちで作品について話した中井さんだったが、最後は「面白かったら俳優のおかげで、面白くなかったら陣内さんのせいです」と話をしめた。陣内監督は、「当然です。私も大体俳優側に立ったときにそう思いますもん。監督がタコだからクソみたいな映画になったんだって…あ、クソみたいな映画に出たことはないですけど(笑)」と慌てて訂正し、最後まで会場を盛り上げていた。

そのほか、完成披露試写会には木南晴夏、入山法子、渡辺大、佐藤二朗が出席した。

『幸福のアリバイ~Picture~』は11月18日(金)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top