【インタビュー】レニー・ゼルウィガー 11年の歳月を経て…“ブリジット・ジョーンズ”の変化を語る

最新ニュース

レニー・ゼルウィガー『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
  • レニー・ゼルウィガー『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』ポスタービジュアル (C)Universal Studios.
  • レニー・ゼルウィガー『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
  • レニー・ゼルウィガー『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
あのブリジット・ジョーンズに、また会えるなんて! 前作から11年の歳月を経てアラサーからアラフォーへ、ふたたび女優レニー・ゼルウィガーがブリジットを演じる。ドジなところもある、お酒もタバコも好き、間違うこともしばしば、そしてロマンチストで楽観主義…決して完璧なレディではないけれど、彼女の一生懸命さやチャーミングさに世界中の女性たちが共感、憧れの女性像でもある。そんなブリジットも43歳に! シリーズ3作目『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』で、彼女はどんな変化を遂げたのか、どんな幸せを手にするのか──レニーが語る。

「一番興味深かったのは、ブリジットとして自分の進化を見せなくてはならない、でもそのなかにもともとあるブリジットらしさ(変わらないもの)も見せなくてはならないことだったの。彼女は、仕事はとても順調で経験も積んでいる。恋愛に関しても、前回ほどウブではなくて…相変わらずロマンチストで楽観主義なのは変わらないけれど(笑)。そこが魅力のひとつよね。まだ人生で悩んでいるし、チャレンジもしている。原作本でも映画でも描かれていることだけれど、“こうありたい”と思い描いている理想の自分があってもなかなかそこに到達できない…そういう葛藤も魅力なの」。それが多くの女性が共感するゆえんだ。

変わらない魅力がある一方で、変わったからこその魅力もあって──そのひとつが仕事におけるステップアップ。テレビ番組のプロデューサーとしてバリバリ働いているブリジットはとても格好いい。これまでの役づくりでは、ぽっちゃり体型になるため10kg以上も体重を増やして撮影に挑み、そんなデ・ニーロ・アプローチは当時ものすごく話題になった。今回は妊婦という設定もあって体重を増やす役づくりはなかったそうだが、スレンダーな姿はある意味新鮮。見た目の変化から「この10年でブリジットがどんなふうに過ごしていたのかを観客それぞれに想像してほしい」と伝える。そして、メインとなる役づくりは、テレビ局の敏腕プロデューサーになることだった。

「イギリスに『Good Morning Britain』というテレビ番組があって、その番組プロデューサーに会いに行くことから始めたの。実はその彼はこの映画にも出ているのよ。実際にテレビ局で働く人の話しを聞いたり、仕事風景を見たりして、ブリジットの演技の参考にした。とても貴重な経験をさせてもらったわ。(映画の)撮影カメラの前で演じてはいるけれど、役柄としてはテレビ番組のカメラ向こう側、コントロールルームに居る、それはとても面白かった。生放送がどれだけ大変か、時間との闘いであるかも知ることができて、勉強になった。そういう準備をしたの」。

ブリジットが成長したように、レニー自身も30代の頃と40代のいまとでは「人生に対する視点はだいぶ変わった」と変化を語る。「スイス人である父親の、仕事に対する勤勉さを私も受け継いでいるはずなんだけれど、勤勉でありながらもより仕事を楽しめるようになったと思うわ」。確かに、この映画の前にはキアヌ・リーブス主演のサスペン『砂上の法廷』に出演し、シリアスな役柄に挑戦。作品選びも楽しんでいるように見える。
《text:Rie Shintani》

関連ニュース

特集

page top