【予告編】古川雄輝が広瀬アリスの愛を求める…『L-エル-』Acid Black Cherryの曲にのせて

映画

広瀬アリスが主演を務め、「Acid Black Cherry」のコンセプトアルバムを原作に映画化する『L-エル-』。このほど、幻想的な映像美で描かれる本作から、彼らの楽曲にのせた待望の予告編映像が解禁となった。

波乱の人生を送った1人の女性“エル”の「愛」をテーマにした物語と「Acid Black Cherry」の音楽が絡み合う、壮大なコンセプトアルバムから生まれた本作。総計20万枚以上を売り上げるアルバムのみならず、昨夏には物語部分が書籍化され5刷となるなど、ミュージックシーンにあって異例の展開をみせてきた。

そんな「L-エル-」の哀しくも美しい世界観を、最旬のキャストと多くのアーティストのMVを手掛ける下山天監督が最新映像技術を駆使して完全映画化した本作。

解禁された予告編では、舞台となる“色のない街”で、広瀬さん演じる主人公のエルと、古川雄輝演じるエルに想いを寄せるオヴェスが出逢い、ふたりが星空を見上げているシーンから始まる。そこから、ある選択を迫られ故郷を飛び出したエルは、色とりどりのネオンが光る別の街へ。煌びやかなダンスシーンに、胸躍る街並み、そこで出逢う新たな仲間や男性たち。光り輝く人生を手に入れたかに見えたエルは、波乱の人生に足を踏み込み、堕ちていくことに…。 

映像の後半には、血だまりの中で激しい悲鳴を上げるエルの姿もあり、エルとオヴェス、愛を探し続けた2人の結末が気にならずにいられない。また、キーパーソンとなる成田凌演じるパン屋をはじめ、平岡祐太演じる夢を追う劇団青年、前川泰之演じるキャバレーオーナー、弥尋演じる元銀行員など、“愛を求め、愛に堕ちた”ひとりの女性エルに関わる男性たちの姿とともに、下山監督が見せるファンタジックで独創的な世界観も見逃せない映像となっている。


『L-エル-』は11月25日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top