『ダ・ヴィンチ・コード』に続き…今夜は『天使と悪魔』が放送

最新ニュース

『天使と悪魔』
  • 『天使と悪魔』
  • 『天使と悪魔』
  • 『天使と悪魔』
トム・ハンクス演じるラングドン教授が壮大な歴史の謎に挑む大ヒットシリーズ第2弾となる映画『天使と悪魔』が10月29日(土)今夜のフジテレビ系「土曜プレミアム」に登場する。

最新作『インフェルノ』の公開を記念したシリーズ連続放送の第2弾となるもので、昨夜の『ダ・ヴィンチ・コード』に続いてのオンエアとなる。

原作はダン・ブラウンが『ダ・ヴィンチ・コード』より先に発表した同名小説。映画『ダ・ヴィンチ・コード』のヒットを受け2009年に公開、『ダ・ヴィンチ・コード』以上のスピード感とアクションが好評となり世界的に大ヒットした。

ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、歴史上最も謎に包まれた秘密結社“イルミナティ”の復活の証拠を発見し、彼らが最大の敵とみなす“カトリック教会=ヴァチカン”に致命的な脅威が迫っていることを知る。イルミナティの計画が密かに進行していることを突き止めたラングドンはローマに飛び、400年の歴史を持つ古代の“シンボル=暗号”をたどりながらヴァチカンを救う唯一の手がかりを探っていく…。枢機卿暗殺を予告する暗号の謎を追って、中世の教会の地下室から大聖堂を見下ろす上空まで、ローマ中を駆け巡る息をつかせぬアクションが展開。『ダ・ヴィンチ・コード』でレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」に隠された暗号に迫ったラングドン教授が、今度はヴァチカンの存在を揺るがす、伝説の秘密結社の存在に深く迫る。

トム・ハンクスがラングドン教授を演じるほか、本作のヒロインとなるCERNの研究者・ヴィットリア・ヴェトラにアイェレット・ゾラー。教皇の侍従、カメルレンゴのパトリック・マッケンナにユアン・マクレガーといったキャスト。監督は『ダ・ヴィンチ・コード』に続きロン・ハワード。

トム・ハンクスのラングドン教授シリーズ第3弾『インフェルノ』は現在世界同時公開中。

今回ラングドン教授は人類滅亡の恐ろしい計画を企てている生化学者ゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した、暗号の謎に挑む。

ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人類増加問題の過激な解決策として、人類の半数を滅ぼすためのウィルスを生み出す。そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり、計画を実行しようとする。「100年後の人類滅亡」か「いま、人類の半分を滅亡させて生き残る道」、どちらが正しい未来なのか? ラングドン教授は地獄篇の暗号(インフェルノ・コード)の謎を解き、その選択を迫られる――というストーリー。

共演はフェリシティ・ジョーンズほか。監督はシリーズを通してメガホンと取ってきたロン・ハワード。

土曜プレミアム『天使と悪魔』は10月29日(土)今夜21時~フジテレビ系で放送。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top