東出昌大、『デスノートLNW』公開に安堵「肩の荷降りた」

最新ニュース

国民的コミックを実写化する人気シリーズ最新作『デスノート Light up the NEW world』の初日舞台挨拶が10月29日(土)、東京・新宿ピカデリーで行われ、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、佐藤信介監督が出席した。

デスノートで世界を変えようとしたキラこと夜神月と、暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵・Lの頭脳バトルを描いた『デスノート』『デスノート the Last name』(ともに2006年公開)から10年後。デスノート対策本部捜査官・三島創(東出さん)、Lの後継者である竜崎(池松さん)、キラの信奉者でサイバーテロリストの紫苑(菅田さん)が、人間界に舞い降りたデスノート6冊の争奪戦を繰り広げる。

主演を務めた東出さんは、「プレッシャーもありましたし、こうして公開を迎えたことで、やっと肩の荷が降りました」と安堵の表情。「偉大な前作の誇りと覚悟を受け継ぎ、スクリーンに存在しないといけないと思った。観終わった後、いろいろなことを話し合うのが『デスノート』だと思うので、ぜひ2度、3度とご覧ください」とアピールしていた。佐藤監督も「伝説の10年後を描き、いまを生きる『デスノート』を作れた」と誇らしげだった。

ハロウィンにちなんだ「3人のうち、誰に化けたい?」という質問に、「たっぱ(身長)があって、見える世界が変わりそう」(池松さん)、「以下同文。パリコレに出たい」(菅田さん)という理由で、2人とも東出さんの名前を挙げた。当の東出さんは「池松くんですね。竜崎もそうですけど、色気がスゴイ」と話していた。

ところが、なぜか会場の盛り上がりはイマイチで、登壇者が何を語ってもリアクションは薄味…。東出さんは「何これ、やばい…」と冷や汗をかいていた。

『デスノート Light up the NEW world』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top