『デスノートLNW』2日間で4億超えの快挙! 『君の名は。』を抜く

映画

『デスノート Light up the NEW world』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 『デスノート Light up the NEW world』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 『デスノート Light up the NEW world』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 『デスノート Light up the NEW world』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 『デスノート Light up the NEW world』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 菅田将暉(紫苑)/『デスノート Light up the NEW world』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 池松壮亮(竜崎)/『デスノート Light up the NEW world』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
東出昌大を主演に描く『デスノート Light up the NEW world』。この度、10月29日(土)に公開された本作が、初日から2日間で458,645,800円、動員数342,309人を記録したことが分かった。

本作は、映画と現実の時間軸を同じに、サイバーテロが横行する超高度情報化社会となった2016年舞台を移し、物語が創り上げられた。キャストには、「デスノート対策本部」のデスノートを追う男・三島創役の東出さんを始め、デスノートを封じる男・竜崎役の池松壮亮、デスノートを制する男・紫苑優輝役に菅田将暉。さらに、“ミサミサ”こと弥海砂役の戸田恵梨香や、死神・リューク役の中村獅童も続投している。

全国342館にて公開された本作は、初日の動員数は168,317人、興行収入は227,152,300円。30日は173,992人、興行収入は231,493,500円。2日間の興行成績は、30億円を突破した『るろうに剣心』対比で115%、『DEATH NOTE』との対比は113%。さらに、週末興行成績ランキングのNo.1を9週連続獲得していた新海誠最新作『君の名は。』を抜き、本作がV10を阻止するかたちとなった。

また、客層は10~20代の男女を中心に、その家族や原作ファンの30代以上男性などが多く見られ、男女比は4:6。SNS上では、まだ観ていない人たちの「早く観に行かなきゃ!」というコメントが目立ち、世代・性別に限らず幅広く楽しめるエンターテインメント作品として、今後の興行成績にも期待が高まる。

『デスノート Light up the NEW world』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top