亜紀はそらを救えるのか…“第2章開幕”「砂の塔」第4話

最新ニュース

「砂の塔」第4話(C)TBS
  • 「砂の塔」第4話(C)TBS
  • 「砂の塔」第4話(C)TBS
  • 「砂の塔」第4話(C)TBS
菅野美穂が4年ぶりにドラマ主演。タワーマンションで繰り広げられる主婦たちの人間関係と、それを裏で操る“恐るべき隣人”。そして幼児誘拐事件…TBS系金曜ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」第4話が11月4日(金)今夜放送される。

「アリスの棘」の塚原あゆ子と池田奈津子の演出、脚本で、人の裏側に潜む悪意と真の家族愛を問う新たなサスペンス作品として話題の本作。

2012年の「結婚しない」以来のドラマ主演となる住人の主婦たちが“虚栄心”を張りあうタワーマンションに引っ越してきてしまった平凡な主婦・高野亜紀を演じる。また菅野さん演じる亜紀が引っ越してきたタワーマンションの住人で、こっそり部屋に配した監視カメラなどで住人たちを監視、“母親失格”な行動を取った亜紀を追い詰めていく佐々木弓子役には松嶋菜々子。そして亜紀の幼馴染で心の支えになるが、それゆえに亜紀が“ボスママ”の恨みを買う原因にもなってしまう生方航平役には「EXILE/三代目 J Soul Brothers」岩田剛典が起用されている。

ドラマはこれまで亜紀と“ボスママ”阿相寛子(横山めぐみ)や橋口梨乃(堀内敬子)らタワマン上層階の主婦たちとの人間関係、その彼女らを監視し人間関係をこじれさせていく弓子というタワマン住人たちの物語と、亜紀と幼馴染の生方との“禁断の恋”の始まり。そしてハーメルン事件と呼ばれる連続幼児誘拐事件が並行して進行。

前回の放送ではついに酔いつぶれた生方が亜紀を抱きしめ、自らが抱く想いが亜紀に伝わることに。しかし酔った生方を迎えに行ったことで亜紀は娘・そら(稲垣来泉)から目を離すことになり、結果、そらが不審な男に連れ去られてしまう。それを救ったのは弓子。弓子は自分から連れ去り犯と揉み合いになるように仕向け傷を負い、亜紀に負い目を抱かせそらの信頼を得ることに成功する。

また亜紀が編集したハロウィンイベントの動画に何者かが梨乃の学歴詐称映像を加え、亜紀はタマワン主婦たちの怒りを買うことなりマンション内でも孤立してしまう。それは弓子の仕業なのだがまだ亜紀は気付いていない。

そらが仲間はずれにされて息子・和樹(佐野勇斗)は亜紀に失望。家族は少しずつバラバラになっていく。一方でそらが不自然なほど弓子になついていく様に亜紀は一抹の不安を感じる。

そんななかで「世界中が敵になっても亜紀さんの味方だから」と亜紀を支える生方だが、2人の関係に疑いを持ちはじめた和樹はしだいに不審な動きを見せるように。

一方ハーメルン事件も急展開。新たな被害者の子どもに「ナイショのおともだち」がいたことが判明、自分の意志で忽然と姿を消したことがわかる。刑事の荒又(光石研)はタワーマンションに犯人が潜んでいるのではないかと考え始める。

そしてそらは自ら弓子の自宅に通うようになり、ついに監視モニターの並ぶ“秘密の部屋”の扉をあけてしまう…というのが今夜の第4話。

亜紀はそらを救えるのか?そして家族の崩壊を食い止めることができるのか。いよいよ今夜“第2章”が幕を開ける。「砂の塔~知りすぎた隣人」第4話は11月4日(金)22時~TBS系で放送。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top