織田裕二、4年ぶりの主演映画公開「初心に戻れる」と感無量

最新ニュース

織田裕二『ボクの妻と結婚してください。』初日舞台挨拶
  • 織田裕二『ボクの妻と結婚してください。』初日舞台挨拶
  • 吉田羊『ボクの妻と結婚してください。』初日舞台挨拶
  • 原田泰造『ボクの妻と結婚してください。』初日舞台挨拶
  • 込江海翔『ボクの妻と結婚してください。』初日舞台挨拶
  • 『ボクの妻と結婚してください。』初日舞台挨拶
  • 『ボクの妻と結婚してください。』初日舞台挨拶
  • 『ボクの妻と結婚してください。』初日舞台挨拶
  • 『ボクの妻と結婚してください。』初日舞台挨拶
俳優の織田裕二が11月5日(土)、主演作『ボクの妻と結婚してください。』の初日舞台挨拶に登壇。4年ぶりの主演映画公開に際し「初心に戻れるような、エンジンをかけ直せる作品ってなんだろうって思ったら、この作品に出合った」と感無量の面持ちだった。

樋口卓治による同名小説を実写映画化。余命宣告を受けた放送作家の修治(織田さん)が、愛する家族の未来のために、妻・彩子の“最高の結婚相手”を探し出そうと奔走する。東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で行われた舞台挨拶には織田さんをはじめ、妻役の吉田羊、共演する原田泰造、子役の込江海翔、三宅善重監督が登壇した。

「この4年は長かったような、あっという間だったような…。とにかくこの家族は最高ですし、寒い時期の撮影でしたが、心はポカポカしていた」とかみしめる織田さん。現場での“パパぶり”に話題が及ぶと、吉田さんは「よく子役の子たちと遊んでいたし、織田さんの子ども好きな一面を知れたのはラッキーだった」と明かしていた。

また、息子を演じた込江くんが「織田さんは、演技をするのにとても集中する、真面目な人っていうイメージがあった」と打ち明けると、織田さんは「そう?」と言わんばかりに照れ笑い。「でも、実際は話しかけてくれて、穏やかで明るい人だったので、一緒にやりやすかったです」(込江くん)、「ありがとうございます」(織田さん)と微笑ましいやりとりを繰り広げた。

修冶の見初めた“結婚相手”を演じる原田さんも、「織田裕二っていう存在を忘れるくらい役に没頭していた」とその役者魂に脱帽し、「街の人に声をかけられる姿を見て、『あっ、この人、織田裕二なんだ!』と気づかれるほど」と共演をふり返った。

『ボクの妻と結婚してください。』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top