国仲涼子、“天空の密室殺人”との関わりは…!? 「IQ246」第4話

最新ニュース

「IQ246~華麗なる事件簿~」第4話-(C)TBS
  • 「IQ246~華麗なる事件簿~」第4話-(C)TBS
  • 「IQ246~華麗なる事件簿~」第4話-(C)TBS
織田裕二、ディーン・フジオカ、土屋太鳳、新川優愛、中谷美紀、宮尾俊太郎らが共演、毎回出演するゲスト俳優も豪華なTBS系日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」の第4話が11月6日(日)今夜オンエアされる。

やんごとなき貴族の流れを汲みながら、時の権力とは無関係に、代々ありとあらゆる学問のみを探求してきた法門寺家の末裔にして現当主の法門寺沙羅駆。本作は法門寺の嫡子だけに受け継がれる“IQ246”という驚異的な頭脳を持て余していた沙羅駆が、世にはびこる難事件を鮮やかに解決する本格ミステリーだ。

織田さんのほか、土屋さんが沙羅駆の警護を担当する刑事・和藤奏子を、ディーンさんが法門寺家に代々仕える当代の執事・賢正を、中谷さんが沙羅駆に魅了される法医学専門医監察医・森本朋美を、「Kバレエカンパニー」のプリンシパル・宮尾俊太郎が毎度沙羅駆に出し抜かれる警視庁捜査一課の刑事・山田次郎を演じる。

魅力的なレギュラーキャスト陣に加え毎話登場する豪華なゲストも本作の見どころの1つ。1話では石黒賢が部下を殺すCMクリエイター役で、2話では佐藤隆太が妹を殺された復讐に燃える塾講師の役で、前回の3話では観月ありさが夫殺しに手を染めるカリスマ主婦として出演。今夜の4話には国仲涼子がクラシックピアニストの二本松由里役で出演する。

都内にある50階建てタワーマンションの最上階の一室で、大学病院の外科系統括部長を務める医師の土門賢治(金田明夫)が殺されていた。凶器は土門の部屋にあった置物と果物ナイフの2つ。土門は半年前に妻と死別、子どももおらず一人暮らし。金品が盗られていたため強盗殺人だと警察は判断するが犯行時刻とされる時間帯にマンションの防犯カメラに不審人物は映っておらず、土門の部屋につながるエレベーターはコンピューター制御で暗証コードが必要。マスコミは事件を「天空の密室殺人」だと騒ぎ立てる。

事件の情報を聞きつけ賢正、奏子と共に現場に乗り込んできた沙羅駆は、現場を検分し土門の殺人は強盗に見せかけた犯行ではないかと仮説を立て、怨恨の線で犯人を追うべきだと判断。ジャズのCDばかり並ぶ部屋の棚で1枚だけ未開封だったクラシックのCDに着目。その演奏者である女性ピアニスト・二本松由里に事情を聞きにいく…というのが4話のストーリー。

また1話完結型のドラマでありながら、各話に共通する要素として登場する「13」を名乗る存在も気になるところ。“あの女性キャラ”とよく似たボブヘアの後ろ姿だけが登場している「13」だが、前回のラストで沙羅駆に盗撮を見抜かれてしまう。沙羅駆が「マリア・T」と呼んだ「13」は一体何者なのか? 彼女の目的は!? ドラマ全体の軸になりそうな沙羅駆と「マリア・T」の関係性にも注目だ。

「IQ246~華麗なる事件簿~」第4話は11月6日(日)21時~TBS系で放送。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top