ワンダーウーマンが元祖にして現代の代表! 変化する“いい女”像とは? 

映画

ワンダーウーマン/ガル・ガドット
  • ワンダーウーマン/ガル・ガドット
  • 『ワンダーウーマン』(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • ガル・ガドット-(C)Getty Images
  • ガル・ガドット-(C) Getty Images
ハーレイ・クインやデッドプール、ドクター・ストレンジなどを抑え、全米で「最も期待されるアメコミキャラクターの実写デビューランキング」(※)のNo.1を獲得した『ワンダーウーマン』。今年で生誕75周年を迎えるDCコミックスのキャラクター、“ワンダーウーマン”は、先日もジェンダーの平等や女性・少女たちの社会的地位向上を呼びかける国連の名誉大使に任命されるなど、現在、“いい女”の代表として存在感を発揮している。

2016年、日本では女性初の東京都知事が誕生し、また、アメリカでは明日にも女性初の大統領が誕生する可能性も高い。“ワンダーウーマン”という存在が75年もの間訴え続けてきた、 “自分の理想を男性に求めない、自立した女性”が体現される記念すべき年になるかもしれない。本日は“いい女(11月07日)”の日ということで、現代の“いい女”像について検証してみた。

これまで数々の作品で、“いい女”として描かれることが多かったのは、『天空の城ラピュタ』のシータのような女性らしく、一見か弱く見えるも、しかし確固とした芯を持っていて、ここぞというときに強さを見せる姿は、“守ってあげたい”男性陣からの人気はもちろんのこと、女性からの好感度も高い憧れの“いい女”の代表といえる。

しかし、近年描かれることが多く、支持を集めるのは、『アナと雪の女王』のアナとエルサや、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のレイ、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のフュリオサなど、ふだんは揺るぎない自分らしさを持っているが、ふとした瞬間に見せる弱い部分を持っている『風の谷のナウシカ』のナウシカような女性。

小池百合子都知事やヒラリー・クリントン候補も当てはまるような、現代の“いい女”は、自らの運命を男性に委ねることなく、自らの力で道を切り開いていく。ヒラリー・クリントンは、こう語っている「大きな夢を見る少女たちへ。あなたたちは何にでもなることができる。大統領にもなれるのよ」と。

男性だけがスーパーヒーローとして活躍してきたコミックスの中、さっそうと登場したワンダーウーマン。男性ヒーローを尻目に、圧倒的なパワーでリーダーシップを取り、正義の心を広め、平和のために闘い続けてきた元祖“いい女”のワンダーウーマンが望んでいた時代が、ついにいま、到来したのかもしれない。

2017年夏に日本上陸する映画『ワンダーウーマン』で、主人公ダイアナ・プリンスことワンダーウーマンを演じるのは、ミス・イスラエルにも選ばれた完璧な美貌を持ち、実際の兵役経験による“圧倒的”アクションセンスも持つスーパー美女モデルにしてハリウッド女優のガル・ガドットだ。ガルは本作について、「私はワンダーウーマンを演じられることをとても誇りに思っている。そして、ようやく、このような映画が誕生する時期が訪れたと思う。若い女性が憧れる存在がいるというのは重要なことよ。男の子にとってはスーパーマンやバットマンがいるのに、女の子には誰もいなかった。だから、ようやくワンダーウーマンが登場したというのはとても喜ばしいことね」と語っている。

監督を務めるのは、『モンスター』(’03)でシャーリーズ・セロンをアカデミー賞主演女優賞へ導き、女性刑事を主人公にしたクライムドラマ「THE KILLING/キリング」などを手がけてきた実力派の女性監督パティ・ジェンキンス。

彼女たちがスクリーンに映し出す、いまの時代の“いい女”を見逃すことはできない。

『ワンダーウーマン』は2017年夏、全国にて公開。
(※)米チケット販売サイト「Fandango」の調査より
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top