トム・クルーズ、池松壮亮との13年ぶり再会に笑顔! 現在の大活躍は「驚かないよ」

最新ニュース

トム・クルーズ&池松壮亮/『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日会見
  • トム・クルーズ&池松壮亮/『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日会見
  • トム・クルーズ&池松壮亮&エドワード・ズウィック監督/『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日会見
  • トム・クルーズ/『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日会見
  • トム・クルーズ/『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日会見
  • 池松壮亮&トム・クルーズ/『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日会見
  • トム・クルーズ&エドワード・ズウィック監督/『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日会見
  • トム・クルーズ&エドワード・ズウィック監督/『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日会見
  • 池松壮亮/『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日会見
1年3か月ぶり22回目の来日中のトム・クルーズが11月8日(火)にエドワード・ズウィック監督と共に『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の会見に出席。2003年の同監督作『ラストサムライ』でトムと共演した池松壮亮がゲストで来場し、13年ぶりの再会を果たした。

トム・クルーズが、『ミッション・インポッシブル』のイーサン・ハントとは異なる、凄腕の一匹狼のヒーローを演じる人気シリーズの第2弾。トムにとってもズウィック監督とは『ラストサムライ』以来のタッグとなった。

拍手で迎えられたトムは、登場するや頭を深々と下げる“日本式”のお辞儀で挨拶。「『ラストサムライ』を一緒に作った監督と、こうしてまた日本に来ることができて光栄です」と満面の笑み。ズウィック監督も「『ラストサムライ』を日本に持ってきたときのあの瞬間を忘れたことはありません。こうして新作でトムと共に日本に来ることができて嬉しいです」と語った。

シリーズ1作目となる前作『Jack Reacher』(原題)は日本では『アウトロー』という邦題で公開されたが、ズウィック監督は「“アウトロー”という言葉を日本語にするなら、“浪人”ですね。我々が手掛けた『ラストサムライ』とのつながりを感じます。組織の中枢にいた男がそこを離れ、さまよい、自分なりのルールと道徳で行動するという意味で『ラストサムライ』の対となる作品と言えますね」と語る。

トムも監督の言葉に同調。13年ぶりの監督との仕事について「彼は人間をいろんな視点で語っていくし、人間の感情を敬意を持って表現していく。その点で『ラストサムライ』との共通点を感じたよ」とうなずいた。

今回、ヒロインとしてダニカ・ヤロシュが抜擢されているが、ハリウッドでトム・クルーズと共演するのに必要な要素は? という問いにトムは「私が探しているのはその役を演じるに最高だと思える女優です。私は1週間のうち7日間、働きづめですが、それを好きでやっていて、“仕事”という意識でやっているわけではありません。男性であれ、女性であれ全てを映画に注いでくれる人を求めます。パッションをシェアできる人をいつも探しているんです! 何より、目的はお客さんに楽しんでもらうことなのです」と熱く語った。

そして、フォトセッションでは『ラストサムライ』でトム演じる主人公と心を通わせる少年を演じた池松さんが登場し、“トム”という名の酒をプレゼントに贈った。トムは池松さんに「大きくなったな」と微笑み、現在の池松さんの日本映画界での活躍ぶりについて「驚かないよ。あの当時、すでに彼は信じがたいような素晴らしい演技を見せてくれていたからね。(池松さんが素晴らしい俳優に成長することは)分かってたよ」と誇らしげに語る。

当時13歳、スクリーンデビュー作でトムと共演し、ズウィック監督の演出を受けた池松さんは「当時は俳優になるとも思ってなかったので、お2人に出会って人生が変わりましたし、いまでも“指標”のような存在。お2人のおかげでまだやれるなと思ってます」と13年前の出会いへの感謝を口にし、本作について「やはりお2人のタッグは特別! エドが撮るトムはカッコいい!」と称賛を送る。トム、監督、池松さんは壇上でがっちりと握手を交わし、旧交を温めていた。

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は11月11日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top