止まない“トランプショック”…国内外セレブの不安な声続々と

最新ニュース

オリヴィア・ワイルド&エマ・ワトソン&アナ・ケンドリック-(C) Getty Images
  • オリヴィア・ワイルド&エマ・ワトソン&アナ・ケンドリック-(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン -(C) Instagram
  • エマ・ワトソン -(C) Getty Images
  • アリエル・ウィンター-(C)Getty Images
  • オリヴィア・ワイルド -(C) Getty Images
  • アナ・ケンドリック-(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン(C) Getty Images
セレブの大多数が支持していたヒラリー・クリントンがまさかの敗北。アメリカ国民が次期大統領に選んだのは、ドナルド・トランプの方であった。大統領選から一夜明け、セレブはこの状況に何を思うのか。

アナ・ケンドリックは「悪夢を見たような気分で目が覚めた。そしてまた泣き始めた。私の信念:私は一人じゃない、みんなも一人じゃない」とつぶやき、アリエル・ウィンターは「アメリカ、あなたは失敗したわ。なんてザマなの。ありえない。トランプを私たちの大統領だと認めることなんて一生できない」と憤っている。オリヴィア・ワイルドはヒラリーの闘いぶりを称え、「心から残念に思う」と慰めたうえで、トランプの勝利には「打ちのめされている」と発言。

国内のセレブのみならず、イギリス人のエマ・ワトソンもこんな反応を見せ、ファンから称賛を受けている。「今日はニューヨークの地下鉄にマヤ・アンジェロウの本を届けにいくわ。そして、私が信じていることのために、より頑張って闘うつもりよ」とツイート。女性の権利向上を主張するエマは、公民権運動に深く関わったマヤの著書を愛読しており、先週も多くの人に読んでもらうために地下鉄にこっそり本を置いて回る活動を行った。大統領選については触れていないものの、差別主義的な発言で有名なトランプが勝利したことを受け、再びマヤの本を世に広めるべきだと思ったのだろう。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top