3週連続ジブリ、今夜は『紅の豚』!

最新ニュース

『紅の豚』(c)1992 Studio Ghibli・NN
  • 『紅の豚』(c)1992 Studio Ghibli・NN
  • 『紅の豚』(c)1992 Studio Ghibli・NN
  • 『紅の豚』(c)1992 Studio Ghibli・NN
  • 『紅の豚』(c)1992 Studio Ghibli・NN
「金曜ロードSHOW!」では「3週連続 秋のジブリ」と題しスタジオジブリ作品を連続で放送中。11月4日に放送された『となりのトトロ』に続き、11月11日(金)今夜は1992年公開の宮崎駿監督作品『紅の豚』が登場する。

同作は宮崎監督が月刊「モデルグラフィックス」に連載していたエッセイをベースに、第一次世界大戦後の世界恐慌の時代を舞台とした物語。国家のために飛ぶことをやめ深紅の飛行艇に駆る賞金稼ぎの“豚”ポルコ・ロッソと、飛行機設計技師の少女・フィオ、ホテル・アドリアーノを経営するマダム・ジーナ、俳優を目指すアメリカ人の飛行艇乗り・カーチスらが織りなす「大人のカッコよさ」を詰め込んだ冒険ファンタジー。

時は世界恐慌まっただ中。不況にあえぐアドリア海。真っ赤な飛行艇を操る賞金稼ぎ、ポルコ・ロッソは、空賊のマンマユート団による誘拐事件などを解決して賞金を手に入れ、自由気ままに暮らしていた。仕事を終えたポルコが向かうのは、ジーナが経営するホテル・アドリアーノ。彼女は、イタリア空軍のエースとして活躍していたポルコの素顔を知る数少ない存在であり、ポルコの戦友たちと結婚しては死別を繰り返してきた未亡人だった。その夜、ポルコの前に現れたのは、空賊たちが助っ人として招いたキザなアメリカ男・カーチス。美しいジーナに魅了されたカーチスはポルコに対抗意識を燃やすようになる。数日後、故障した飛行艇のエンジンを修理するためにミラノに向かっていたポルコを、カーチスが突然襲撃! ポルコの飛行艇はボロボロに壊れてしまう。

なんとかピッコロが経営するミラノの飛行艇修理工場にたどり着いたポルコだったが、工場に残っていたのは女性ばかり。出稼ぎに出て行った男たちに代わって女性が飛行艇を組み立て、ピッコロの孫娘で17歳のフィオが設計主任を務めると聞いたポルコは、修理依頼を撤回しようとするが…という物語。

ポルコ・ロッソを森山周一郎が渋みのある声で演じ、マダム・ジーナには加藤登紀子。加藤さんは主題歌「さくらんぼの実る頃」も歌っており、劇中、アドリアーノでジーナが同曲を歌うシーンは必見だ。その他のキャストはピッコロおやじに桂三枝、マンマユート・ボスに上條恒彦、フィオ・ピッコロに岡村明美、ミスター・カーチスに大塚明夫ほか。

『天空の城ラピュタ』などでも垣間見られた宮崎監督の“空”への憧れと“飛行艇愛”が存分に詰まった『紅の豚』は11月11日(金)今夜21時~日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」での放送。

次週18日(金)は『猫の恩返し』が放送される。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top