戸塚純貴が新人介護士に!『ケアニン~あなたでよかった~』キービジュアル解禁

映画

月9ドラマ「カインとアベル」、バラエティ番組「痛快TVスカッとジャパン」などで活躍する注目若手俳優、戸塚純貴が主演を務める映画『ケアニン~あなたでよかった~』。本日11月11日(いい日、いい日)の介護の日に、“介護”というテーマに焦点を当てながら、明るく、笑いと涙にあふれた本作からキービジュアルが解禁となった。

大森圭は新人の介護福祉士。高校卒業後、これといってやりたいことがなかった圭は、漠然とした理由で介護の専門学校へ入学。卒業後、圭が働くことになったのは、郊外にある小規模多機能施設。認知症の高齢者たちと上手くコミュニケーションが取れず、悩む日々が続くなか、圭が初めてメインで担当をすることになったのは、認知症を発症した星川敬子、79歳。先輩スタッフたちの協力もあり、試行錯誤しながらも、少しずつ敬子との関係性を深めていく。「なんとなく」で始めた介護の仕事に、いつしか本気で向き合うようになっていく圭だったが…。

介護という仕事を通して、働くことの意味や、人と人、地域との繋がりの尊さを描く本作。2025年には30万人も不足するといわれている介護職員(厚労省調べ)の実態を描くために、30か所もの介護福祉施設や専門学校、関連団体を綿密に取材、シナリオを1つずつ積み上げて完成した意欲作。タイトルの“ケアニン”とは、介護や看護、医療にリハビリなど、人のケアに関わり、自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持って働いているすべての人を総称した造語だ。

新人の介護福祉士が、認知症の高齢者を相手にする仕事の難しさに悩み奮闘しながらも、いつしか介護の仕事に本気で向き合っていくようになるストーリーで、主演を務めるのは、ブレイク間近の若手俳優・戸塚さん。

「仮面ライダーウィザード」への出演で一躍人気を博し、映画『先輩と彼女』、『ライチ☆光クラブ』『HK/変態仮面アブノーマル・クライシス』などの話題作へに次々出演、「痛快TVスカッとジャパン」の“ウザキャラ”役、吉岡里帆と共演する「ゼクシィ」のCM、「明治安田生命」の“保険に入っていない若者”のCMなどでも注目を集めており、現在放送中の「カインとアベル」では三沢陽太役としてレギュラー出演、二枚目も三枚目もできる持ち前の個性を印象づけている。

メガホンを取るのは、WOWOW連続ドラマW「下町ロケット」や「沈まぬ太陽」など、数多くのテレビドラマの演出を手がけた鈴木浩介監督。実在する総合PR会社を舞台にした山本美月主演作『東京PRウーマン』に続いて、今回は“介護”に焦点を当てながらも、働く全ての人におくる新たな“お仕事ムービー”を誕生させた。

キービジュアルでは、青空をバックに、車椅子に座り微笑む敬子(水野久美)を見つめる主人公の圭(戸塚さん)の優しい笑顔が印象的。「認知症で人生終わりになんて、僕がさせない。」というキャッチコピーから、圭の強い決心が見えてくるものとなっている。

『ケアニン~あなたでよかった~』は2017年初夏、公開予定。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top