マイケル・J・フォックス、パーキンソン病の状況を明かす

最新ニュース

マイケル・J・フォックス-(C) Getty Images
  • マイケル・J・フォックス-(C) Getty Images
  • マイケル・J・フォックス
  • マイケル・J・フォックス-(C) Getty Images
  • マイケル・J・フォックス-(C)Getty Images
  • マイケル・J・フォックス-(C) Getty Images
マイケル・J・フォックス(55)はいまごろとっくに障害を抱えていると言われていたそうだ。

進行性の神経変性疾患であるパーキンソン病を1991年に29歳の若さで診断されたマイケルは、そんな医師の予想を裏切って順調に仕事を続けてきている。

マイケルはオート・リビング誌の中で「僕は25年前にこの病気を診断されて、あと10年くらいしか仕事ができないと言われたんだ。いま頃とっくに障害を抱えているはずだったんだよ。そんな状態には程遠いよ。まだ買い物に行ったりマーケティングをしたりできるからね」と語る。

パーキンソン病によって引き起こされる震えも以前ほどひどくない一方で、マイケルはたまにバランス感覚に問題が出ると言うが、2010年から今年まで続けてきたドラマ「グッド・ワイフ」の出演を止めることはなかったそうだ。「僕が抱えている一番の問題はバランス感覚なんだ。55歳で何回も転んでしまって、自分が25歳ではないと気づいたりもするからちょっとややこしいんだよね」。

長男のサム(27)以外の3人の子どもたちはパーキンソン病を診断された以降に誕生しているため、父のことをパーキンソン病を抱えた人と単純に定義づけることはないのだそうだ。「だってあの子たちはずっとこの病気と共に育っているからね。それしか知らないわけだし、子どもたちに僕のことを説明するように求めたら、たぶん僕がパーキンソン病を患っているっていうことなんて最後に出てくるくらいだと思うよ」。

2000年にはパーキンソン病研究のためにマイケル・J・フォックス基金を立ち上げ、現在は不治の病とされているその病気の治療法を求めるためにこれまで6億5,000万ドル(約680億円)という驚異的な資金を募ってきている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top