シャーリーズ・セロン、ハリウッド女優の年齢差別を否定

最新ニュース

シャーリーズ・セロン-(C)Getty Images
  • シャーリーズ・セロン-(C)Getty Images
  • シャーリーズ・セロン
  • シャーリーズ・セロン-(C)Getty Images
シャーリーズ・セロン(41)はハリウッドの映画界が女性を年齢で差別する場所だと感じていないそうだ。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』も記憶に新しいシャーリーズは20代の頃よりもいまのほうが仕事があるとして、業界内には女性が軽視される事実があると認めながらも、40歳以上の女性にはそれがあてはまらないと発言した。

イタリア版「VANITY FAIR」誌のインタビューでシャーリーズは「女性にとって見た目の重要さが一番大事ではなくいということを気づくときがきたのよ。それに年齢を重ねたときの方が価値が落ちるなんてことも事実ではないわ」「私はいま41歳だけど、20年前よりもっと仕事をしているし、もっと楽しんでいるわ。私の知っている女性はみな同じことを言っているから、このお決まりの言い方は止めるべきよ」と話した。

そして多くのハリウッド女優とは異なる意見ではないかと指摘されると、「私はそうは思わないし、人がハリウッドのことをそう言う風に言っているを聞くのも好きじゃないの。映画とは社会の問題を反映するものだし、本当の問題とは目の前にあるものよ。ハリウッドの男女差別は社会の問題に比べればたいしたことはないわ」と続けた。

男の子と女の子の2人の養子を迎えているシャーリーズは、歳を重ねることは人生で避けることが出来ない事実であると考えているため、老いることを恐れたことはないそうだ。「こんなに自然なことをなぜ恐れることがあるの? 歳を取ることは人生の一部なんだから避けられないわ。それに歳をとってから起こったことにとても感謝している自分もいるもの。20年前よりももっと賢くなっているしね。それに比べればシワなんて関係ないわ」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top