キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードとの“禁断愛”認める

最新ニュース

ハリソン・フォード&キャリー・フィッシャー-(C)Getty Images
  • ハリソン・フォード&キャリー・フィッシャー-(C)Getty Images
  • ハリソン・フォード&キャリー・フィッシャー-(C)Getty Images
  • ハリソン・フォード-(C) Getty Images
  • キャリー・フィッシャー-(C)Getty Images
キャリー・フィッシャーが40年もの間、囁かれていたうわさをついに認めた。

『スター・ウォーズ』を製作中の1976年、レイラ姫を演じた当時19歳のキャリーと、ハン・ソロを演じた当時33歳のハリソン・フォードが3か月に渡って交際していたという。当時ハリソンはメアリー・マーカットと婚姻中で2児の父親であった。つまり、キャリーは不倫を認めたことに!

キャリーは「People」誌に「とっても激しい関係だった」と告白。「平日はハンとレイラ、週末になるとハリソンとキャリーだったわ」。この件についてはまもなく販売されるキャリー著の自伝「The Princess Diarist」に詳しく記されている。初めてハリソンと夜を過ごしたのがジョージ・ルーカス監督の誕生日パーティーの日だったこと、あるときはチュニジアでハリソンがキャリーを酔わせ、誘惑したことなどを赤裸々に綴っている。

キャリーは「ハリソンが金色でダイアモンドの付いた、“キャリソン”(キャリーとハリソンを合わせた造語)と文字が彫られた指輪と一緒にプロポーズしてくれたら…」と願ったこともあるそうだ。

なぜいまになって“禁断愛”を認めたのかというと、「もう40年も経ったから」と返答。そして、後にメアリーと離婚することになったハリソンであるが、「彼らの関係が終わったことに私は全く関わっていないわ」と自分は離婚の原因ではないとキャリーは主張している。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top