松坂桃李×堤幸彦が再び! 「日暮旅人」が連ドラに

最新ニュース

「視覚探偵 日暮旅人」
  • 「視覚探偵 日暮旅人」
  • 松坂桃李
昨年11月、金曜ロードSHOW!枠にてスペシャルドラマとして放送された松坂桃李主演「視覚探偵 日暮旅人(しかくたんてい ひぐらしたびと)」。この度、来年1月期放送の日曜ドラマとして、連続ドラマ化されることが分かった。

原作は、山口幸三郎のシリーズ累計50万部を突破する「探偵・日暮旅人」シリーズ。本作は、聴覚・嗅覚・味覚・触覚…五感のうち4つの感覚を喪った男・日暮旅人(松坂桃李)が、唯一残った研ぎ澄まされた視覚を駆使し、物を、人を、そして愛を探すヒューマン・ミステリーだ。

匂いや感情を視覚として捉える旅人の主観を、最新のCG技術を駆使して表現するのは、“映像の魔術師”こと堤幸彦監督。スペシャルドラマに続き演出を担当。また、前作に引き続き脚本には、『愛を語れば変態ですか』で映画監督デビュ-も果たした、演劇界出身の異才・福原充則が担当する。

キャストには旅人役の松坂さんを始め、旅人を取り巻く相棒の雪路雅彦役の濱田岳、血の繋がらない娘の灯衣役の住田萌乃、灯衣が通う保育園の保育士・山川陽子役の多部未華子、そして、旅人の主治医役の北大路欣也が続投。

今回の連続ドラマ化に「嬉しいです。嬉しすぎます。最高にワクワクします」と語ったのは、主演の松坂さん。「素敵な作品をお届けできるように全力で臨みたいと思います」と意気込み、多部さんは「家族のエピソードもあり、ミステリーありと見どころもたくさんあるので、皆さんも毎話楽しんで見て頂ければ嬉しいです」とコメント。さらに堤監督は「旅人の眼、それは謎を解き、人の環を復活させ、そして…日曜日、夜、『見えないモノが視える』連続ドラマ、お楽しみください!」とメッセージを寄せた。

なお、今回は連続ドラマならではの新機軸として、スペシャルドラマのラストで描かれた“ブラック旅人”は何を意味していたのかが明らかに! 20年前、旅人を襲った悲劇とは!? 旅人は探し物探偵をしながら本当は何をしようとしているのか…。

「視覚探偵 日暮旅人」は2017年1月期より毎週日曜日、日本テレビにて放送予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top