ポール・ウォーカー実弟、ニコラス・ケイジ主演『パシフィック・ウォー』で本格デビュー

映画

『パシフィック・ウォー』 (C)2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.
  • 『パシフィック・ウォー』 (C)2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.
  • 『パシフィック・ウォー』 (C)2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.
  • 『パシフィック・ウォー』ポスター (C)2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.
  • 『パシフィック・ウォー』 (C)2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.
  • 『パシフィック・ウォー』 (C)2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.
  • 『パシフィック・ウォー』 (C)2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.
  • 『パシフィック・ウォー』 (C)2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.
  • 『パシフィック・ウォー』 (C)2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.
『ナショナル・トレジャー』シリーズ、『ゴースト・ライダー』シリーズなど数々のアクション大作に出演し続けるオスカー俳優、ニコラス・ケイジ主演の最新作『パシフィック・ウォー』。2017年1月7日(土)より日本公開される本作の予告編&ポスタービジュアルが解禁となり、故ポール・ウォーカーの実弟、コディ・ウォーカーが本格的なスクリーンデビューを果たしていることが分かった。

1945年、太平洋戦争末期。アメリカ軍はマクベイ艦長率いる巡洋艦インディアナポリス号にある極秘任務を与える。それは大戦に終止符を打つ最終兵器、原子爆弾の輸送であった。危険極まりない戦地へと旅立ったマクベイと兵士たちは、日本軍との激しい戦闘をかいくぐりながら、目的地テニアン島にたどり着く。任務を終え安堵に包まれながら次の目的地へ出発するマクベイ一行。しかしその時、橋本少佐率いる日本軍の潜水艦が発射した魚雷がインディアナポリス号を直撃。激しい戦闘の末、沈没してしまう。

なんとか命からがら脱出したものの、太平洋を漂流するはめになったマクベイと兵士たちに、今度は飢えと喉の渇き、そして獰猛なサメたちが襲いかかる。極限状態に陥り、次々と命を落としていく兵士たちと、彼らを1人でも多く生きて家族の元へ帰そうと奮闘するマクベイ。しかし、これはマクベイに襲い掛かる非情な運命の始まりに過ぎなかった…。

太平洋戦争の知られざる真実を描く、戦争アクション超大作となる本作。主演を務めるのは、『リービング・ラスベガス』でアカデミー主演男優賞を獲得して以降も、あらゆる役柄に挑戦し続けるハリウッドスター、ニコラス・ケイジ。今回は、極秘任務に従事した実在の軍艦インディアナポリスの艦長役となり、数々の困難に見舞われながらも決して部下を見捨てない、誇り高き男を熱演する。

また、共演には『プライベート・ライアン』『ブラックホーク・ダウン』などで知られる名バイプレーヤーであるトム・サイズモアや、『パニッシャー』『ミスト』などタフガイから家族想いの父親まで幅広い演技を披露するトーマス・ジェーンほか、日本軍の橋本少佐を演じるのは、『硫黄島からの手紙』などハリウッドの一線で活躍する日本人俳優・竹内豊。さらには、『ワイルド・スピード SKY MISSION』で撮影途中に急逝した兄・ポールの代役を見事に務め上げた実弟コディ・ウォーカーが、本格的な映画デビューを飾っており、魅力あふれる多彩なキャストが名匠マリオ・ヴァン・ピーブルズ監督のもとに集っている。

届いた予告編では、軍艦・潜水艦・戦闘機が入り乱れる大迫力の戦闘シーンや、洋上に投げ出された兵士たちの絶望的な状況下で繰り広げられる人間ドラマが続き、人間の尊厳と戦争の愚かさを問う衝撃の結末を予感させている。

『パシフィック・ウォー』は2017年1月7日(土)よりシネマサンシャイン池袋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top