志尊淳が多部未華子の運命の王子様に!? 大政絢&田中要次ら追加キャスト発表

最新ニュース

多部未華子が出演するクリスマスドラマスペシャル「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」。この度、本作の新たなキャストとして大政絢、志尊淳、田中要次の出演が決定した。

恋愛シミュレーションゲームプランナーの白野莉子(多部未華子)は、現実の男にまったく期待していない。「現実の男がふがいないから、こっちが自家栽培しているんだろうが!」と、理想と妄想に満ちた恋愛シナリオをせっせと書いている。そんな折り、黒川壮一郎(高橋一生)が社長のアプリ会社「TIMEIS(タイムイズ)」から新しい恋愛ゲームの制作を依頼され打ち合わせに訪れる。するとそこには、数日前街でひょんなことからお姫様抱っこをされ、勝手に運命的な出会いを感じていた男性、緑谷拓(志尊淳)が。緑川は黒川の部下だったのだ。しかし黒川は、すべてにおいてハイスペックながら、女心が致命的に理解できない残念男子だった。

会議で莉子を侮辱する黒川に対し、莉子も一歩も引き下がらず、大喧嘩に。そんな中莉子は、部下の桃瀬はるか(大政絢)に対する片想いに悩む黒川に「恋愛のレクチャーをしてくれ」と恋愛指南を頼まれ、勢いで引き受けることに。恋愛ゲームそっくりのキャラクターになるよう黒川に次々に指示し、奮闘する莉子。その甲斐あって黒川と桃瀬は急速に接近していく。だが莉子は、いつしか黒川に惹かれている自分に気付き――。

多部さんが現実の恋に臆病な“恋愛自家栽培”女子を、高橋一生が女心を全く理解できない残念男子を演じる本作。このドラマの新たなキャストとして、新たに今回3人の俳優陣が決定。大政さんが演じるのは、高橋さん演じる黒川が想いを寄せる部下・桃瀬はるか、志尊さんが黒川の直属の部下で最年少役員の緑谷拓、そして田中さんが黒川行きつけのブックカフェのマスター・灰原源次郎を演じる。

徐々に黒川のことが気になり始めるという役どころの大政さんは、「とても女性的に憧れる部分を持ち合わせている人物像」とキャラクターについて話し、「今回は笑顔でいることを心がけながら、思った感情を表に出しすぎずいたいなと意識しながらやっていました」と意識した点を述べた。また、多部さん演じる莉子に次第に惹かれていき、黒川とは対照的に女心のわかる王子様的な存在・緑谷を演じる志尊さんは「一見、非の打ち所がないような彼ですが、そのエネルギッシュさと頭脳明晰なゆえに取る行動、まっすぐひたむきに上の座を狙う彼を、嘘がないように演じることを意識しました」と語り、「ディテールにこだわりながら“みんなの王子様”でいるイメージを崩さないよう試行錯誤しています」とコメント。そして「キュンキュン、甘酸ぱい恋愛の中にある人間の欲。色んな気持ちが交錯していく姿。そこにはリアリティがあり、好きな人が与える影響で揺れる心情も一つの見どころです」とアピールした。

クリスマスドラマスペシャル「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」は12月20日(火)21時~カンテレ・フジテレビ系にて放送。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top