アンバー・ハード、DV被害女性たちに「声を上げて!」と訴え

最新ニュース

アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • アンバー・ハード-(C)Getty Images
「女性に対する暴力撤廃の国際デー」である11月25日(現地時間)、#GirlGazeProjectが製作したDV防止啓発動画にアンバー・ハードが“DV経験者”として出演した。

動画は「どうしてこんなことが私の身に? 私は強いし賢いのに!」というセリフで始まる。「多くの女性にとって起こっていることなのよ。扉が閉まった家の中で、あなたが愛する人から(DVを受けたら)複雑よね。それが全くの他人によるものなら話は簡単なのに!」と家庭内や親密な関係の人との間で起こる暴力に対して声を上げることが、いかに難しいかを説いている。

アンバーは誰からDVを受けたということは明かさないが、「私は公の舞台でDVを切り抜けたという特殊な体験者だからこそ、女性に一人で悩む必要はない、あなたたちは一人じゃないと伝えることができる」と発言。この発言には、離婚訴訟中に後に取り下げるも「ジョニーからDVを受けた」と主張し、アンバーの撮影によるジョニーの暴力的な動画が流出した過去を誰もが思い出すのではないだろうか。

「私には信頼できる人たちがいてくれたけど、いなかったらどんな人生になっていたか…」と涙ながらに語るアンバー。「声を上げて立ち上がるのよ。あなたの声には影響力がある。もうだまっているのを認めるのは止めましょう!」と被害を受けている女性に呼び掛けた。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top