高木渉、『ひるね姫』で神山組初参加! 岡山弁にも挑戦

映画

高木渉 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
  • 高木渉 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
  • 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
  • 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
  • 『ひるね姫~知らないワタシの物語~』(C)2017 ひるね姫製作委員会
高畑充希を始め、満島真之介、江口洋介ら豪華俳優陣が声優を務める映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。この度、2016年大河ドラマ出演で俳優としても注目を集めた声優・高木渉の出演が明らかになった。

岡山県倉敷市で父親と2人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るように。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたとはどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼なじみの大学生・モリオを連れて東京に向かう決意。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった――。

本作は、「東のエデン」「精霊の守り人」「攻殻機動隊S.A.C.」を手掛けた神山健治監督が贈る“ワタシ”と“夢”の物語。キャストには、主人公・森川ココネ役に高畑さん、ココネの父親・モモタロー役に声優初挑戦の江口さん、ココネの幼なじみ・モリオ役に満島さんほか古田新太、前野朋哉、高橋英樹ら豪華俳優陣、ココネの相棒で犬のぬいぐるみ・ジョイ役に声優・釘宮理恵出演している。

「名探偵コナン」(小嶋元太役&高木刑事役)、「ゲゲゲの鬼太郎」(ねずみ男役)などアニメ作品はもちろん、ジャック・ブラックやショーン・ウィリアム・スコットなどの吹き替えを多く担当し、芸歴は28年、出演作はなんと300本以上というベテラン声優の高木さん。今年は大河ドラマ「真田丸」で実写ドラマに初出演し、一躍話題の人となった高木さんが、今回本作では江口さん演じるモモタローの悪友・佐渡役を演じる。

アフレコをとても楽しみにしていたと話す高木さんは、「森川モモタローの幼なじみであり悪友の佐渡ということで、薙田役の前野朋哉さんとともに赤ン坊のころからココネのことを知っている近所のオジサンという気持ちで、親しみを込めて演じさせていただきました」と収録をふり返り、「モリオと一緒にどんな発見をする旅になるのか、僕も完成品を劇場で観るのを楽しみにしています。僕が喋る岡山弁も楽しみにしてくださいね」と岡山弁を披露することも明かした。

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年3月18日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top