焦燥する桐谷健太、力を得た山田涼介…兄弟の行く末は「カインとアベル」第8話

最新ニュース

「カインとアベル」第8話(C)フジテレビ
  • 「カインとアベル」第8話(C)フジテレビ
  • 「カインとアベル」第8話(C)フジテレビ
  • 「カインとアベル」第8話(C)フジテレビ
  • 「カインとアベル」第8話(C)フジテレビ
  • 「カインとアベル」第8話(C)フジテレビ
「Hey! Say! JUMP」山田涼介が主演、桐谷健太がその兄を演じ、2人の兄弟の嫉妬と葛藤、そして倉科カナ演じるヒロインを巡る人間ドラマを描く「カインとアベル」の第8話が12月5日(月)放送となる。

旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟「カインとアベル」。旧約聖書では兄のカインが、神・ヤハウェ(=すべての父)から寵愛を受ける弟のアベルに嫉妬するのだが、本作では舞台を現代に置き換え“運命的な兄弟”の姿を描いている。

山田さんが不動産デベロッパー「高田総合地所株式会社」の社員・高田優を演じ、桐谷さんが優の兄で高田総合地所で副社長を務める隆一を、倉科カナが隆一と婚約したものの優との間で心揺れる同社の社員・矢作梓を、そして高嶋政伸が優と隆一の父親で高田総合地所の社長・貴行をそれぞれ演じる。

その他山崎紘菜が優の同期・柴田ひかりを、南果歩が貴行の姉・芹沢桃子を、竹中直人が優が変わるきっかけになった黒沢幸助を、寺尾聰が優、隆一の祖父、貴行の父で高田総合地所の会長・宗一郎として出演している。

貴行は隆一を後継者と見込んで“帝王学”を伝授する一方、優には「兄のじゃまをするな」と教育したため、優は父の愛を求めながらも兄の影のような存在として成長、会社でも“普通の社員”として同僚たちと過ごしていた。しかし兄の婚約者である梓と共にアウトレットモールの立ち上げに参加するなかで、仕事の面白さに目覚め、兄の危機を救ったことから貴行にも目をかけられるようになり、社運を賭けたリゾートホテル開発事業に抜擢、勝負に出た優は交渉を見事に成功させる。優は取締役に抜擢され隆一との溝がさらに深まる…というのがこれまでの展開。

そして、優が仕事の面白さに目覚める一方、梓は隆一と結婚し、家庭に入ることを選ぶ。そのことを聞いた優はそれが「正直な気持ちではない」と梓に迫る。その頃高田総合地所には地方空港の開発プロジェクト計画が持ち上がっていた。参入を進める優に対し隆一は慎重な態度を見せるが、優と貴行が仕事上で親密になっていくことが気になる隆一は焦燥し、それが取り返しのつかない方向へと進んでいく…というのが今回のストーリー。

予告編では波乱の展開を予感させる「兄の結婚式を中止する」と優が告げるシーンも。立場が逆転することを恐れる兄と、力を得て変わっていく弟。兄弟の確執はどうなるのか。「カインとアベル」第8話は12月5日(月)今夜21時~フジテレビ系で放送。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top