染谷将太、特殊メイクで別人に!『3月のライオン』ライバル二海堂のビジュアル公開

映画

染谷将太/『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 染谷将太/『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 有村架純/『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 倉科カナ/『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 清原果耶/『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 佐々木蔵之介/『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 加瀬亮/『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 前田吟/『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
『君の名は。』の声の熱演でいっそう評判を高めた演技派俳優・神木隆之介が、孤独な過去を抱える若き棋士を演じる『3月のライオン』。これまで明かされなかった主人公のライバル・二海堂役を、染谷将太が演じることが判明し、主要キャラクターの画像が初めてお披露目された。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零(神木隆之介)。“若き天才”と呼ばれ、棋士として日々研鑽を積む彼は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田(豊川悦司)に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。

深い孤独を抱えてただひたすらに将棋を指し続けていたある日、零は同じ町に住む川本家の三姉妹(倉科カナ・清原果耶・新津ちせ)と出会い、やがて彼女たちとのにぎやかな食卓と穏やかな日々に居場所を見出していく。様々な人生を背負った棋士たちが頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

今回解禁となった主要なキャラクターの画像でまず目を引くのが、主人公・零のライバルであり、“心友”として人気の高い二海堂晴信を演じる、染谷さんの姿! 先月解禁された特報映像にも一瞬だけその姿が映っており、「いったい誰が演じているのか?」とSNSで予想が飛び交う騒ぎとなっていたが…。染谷さんといえば、『ヒミズ』で日本人初となるヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞して以降も、話題作への出演が途切れることがない若手俳優きっての実力派。その染谷さんが特殊メイクによりムッチリ&フクフクとした体形の二海堂に大変身し、まるで別人のような風貌で新境地に挑んでいる。

同時に、今回は有村架純(幸田香子役)、倉科カナ(川本あかり役)、清原果耶(川本ひなた役)、佐々木蔵之介(島田開役)、加瀬亮(宗谷冬司役)、前田吟(川本相米二役)、高橋一生(林田高志役)、岩松了(神宮寺崇徳役)、斉木しげる(柳原朔太郎役)、中村倫也(三角龍雪役)、尾上寛之(松本一砂役)、奥野瑛太(山崎順慶役)、甲本雅裕(安井学役)、新津ちせ(川本モモ役)、板谷由夏(美咲役)、伊藤英明(後藤正宗役)、豊川悦司(幸田柾近役)のキャラクター写真が一挙に初披露目。個性豊かな俳優たちが演じる、キャラクターの溢れる感情を切り取った一瞬が堪能できる画像となっている。

親子、兄弟姉妹、友達、師弟――。人と人を結ぶ愛を求めて、魂がぶつかり合う感動のエンターテインメント<2部作>。いよいよ公開を来春に控え、期待は膨らむばかりだ。

『3月のライオン』は「前編」2017年3月18日(土)より、「後編」4月22日(土)より全国にて2部作連続公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top