鳥山明&尾田栄一郎がパロディにクレーム!? 「大銀魂展」でコメント展示

最新ニュース

作家陣からの「被害」コメントと色紙を展示「パロディエリア」 「大銀魂展」(C)空知英秋/集英社
  • 作家陣からの「被害」コメントと色紙を展示「パロディエリア」 「大銀魂展」(C)空知英秋/集英社
  • 「DRAGON BALL」パロディ (C)空知英秋/集英社
  • 「ONE PIECE」パロディ (C)空知英秋/集英社
  • 空知先生ゾーン「大銀魂展」(C)空知英秋/集英社
  • 「大銀魂展」(C)空知英秋/集英社
12月23日(金・祝)より開催される待望の「大銀魂展」。このほど、多くの展示原画に作者・空知英秋先生からのコメントが添えられることが決定。さらに、これまで作中でパロディされてきた数々の超有名作品の原作者たちからも、クレーム(!?)コメントが届いていることも分かった。

アニメ声優陣による完全録り下ろしの豪華音声ガイドが「万事屋篇」と「真選組篇」の2種類用意され、展示会を案内してくれるほか、前期(12月23日~12月31)には「神威 VS 神楽」と「寺子屋時代」、後期(1月1日~1月9日)には「高杉 VS 銀時」と「攘夷時代~現在までの銀時たち」の特集展示が行われることなどが発表された「大銀魂展」。

さらに、ファン投票で選ばれたエピソードを毎日1話丸ごと日替わりで展示する特別企画「日替わり展示コーナー」の内容が決定。第5巻・第33訓「ベルトコンベアには気を付けろ」から第65巻・第589訓「兄妹」まで、ファンの想いが結集したエピソードを、毎日日替わりで楽しむことができる(順不同)。

そして、空知先生の仕事場をイメージしたコーナーも展開され、貴重なネームや愛用しているペンなども展示される。また、会場で展示される原画の多くに、空知先生のコメントが添えられることが決定。執筆当時の心境やキャラクターへの想いなどを、作者自ら語るというファン必見の超レア企画となる。

しかも、これまで「DRAGON BALL」「ONE PIECE」など、数々のマンガ作品を面白おかしくパロディ化してきた「銀魂」だけに、「大銀魂展」の開催を機に、鳥山明や尾田栄一郎ら“被害に遭われた”作品の漫画家からも続々と色紙&クレーム(!?)コメントが到着。それを、空知先生の「反省」コメントとともに堂々と開き直って展示するという、どこまでいっても「銀魂」らしい内容となっている。“被害”の詳細や爆笑必至のコメントの数々には期待が高まるところだ。

なお、今週末12月17日(土)、18日(日)に幕張メッセで開催されるジャンプフェスタでは、本展の「ジャンプフェスタ2017会場限定オリジナル特典付き入場券」を販売。ジャンプフェスタ限定台紙とポストカード付きのプレミアムな入場券となっている。

「連載完結寸前大銀魂展~ツケが回る前にケツを拭け~」は12月23日(金・祝)~1月9日(月・祝)まで18日間、秋葉原UDX アキバ・スクエアにて開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top